蝶ヶ岳(2015.7.11)
職場山岳部の夏山登山に参加することになった。人数は多くないが、半分は自分も所属するランニングクラブのメンバーである。メンバーを分けて急げばすごく速くなるのだが、お楽しみなので今日はゆっくりと全員で登ることになる。三股の駐車場は朝の6時にはすでに満車で駐車できないため、下の砂利スペースに車を止める。なんだかんだで、出発したのは6時30分。今日の青空では山頂での展望が保証されているため足取りも軽やかである。多くの登山者は先行してしまったためか比較的のんびりでも静かな登りが楽しめる。マメウチ平までは、シーズンオフに整備されたらしい木製の梯子が随所に掛けられていて歩きやすい。マメウチ平も、木が刈り払われてかなり明るくなったが、これについてはノーコメントとする。ギンリョウソウ、ゴゼンタチバナ、オサバグサなどを眺めながら蝶沢を過ぎる。このあたりから斜度はきつくなり動向メンバーにも疲れが見えてくる。一本立ててからのお花畑は、ミヤマキンポウゲ、シナノキンバイ、サンカヨウ、オオサクラソウが見事に咲いている。日差しが強くなるピーク直前では、キヌガサソウの大輪が出迎えてくれた。山頂付近は期待通りの快晴であり、槍穂高連峰、遠くに煙を立ち上らせる御嶽山などが美しい。しばし景色を愛でてのお楽しみは、スイカである。メンバーが氷で冷やしながら担ぎ上げた絶品で盛り上がる。仕上げは蝶ヶ岳ヒュッテでのビールとカレーライス。コースタイム通りの3時間30分かけてのんびり下り、下界の温泉で寛いだ。

    ギンリョウソウ
    ゴゼンタチバナ
    オサバグサ
  コイワカガミ  
オオバキスミレ サンカヨウ  
オオサクラソウ   ミヤマキンポウゲ
シナノキンバイ オオサクラソウ  
    キヌガサソウ
安曇野と鍋冠山
大キレットと槍ヶ岳
御嶽山と乗鞍岳
    ヤグルマソウ