焼岳(2015.6.14)

昨晩は乗鞍高原に宿泊したため、比較的アプローチの良い焼岳へ出かけることになった。10号カーブ前の駐車スペースは既に満車状態なので、更に上の駐車スペースまで車を移動させる。飛騨側で土砂崩れがあったとのことで道路がつながっていない。対向車の邪魔になることがなくて安心する。空は高曇りであり入山口は暑い。緑の森の中、順調に高度を稼いでリンドウ平を抜けると青空の中に焼岳が顔を出す。涼しい風が吹き生き返るような気分で足取りが軽くなる。気が付いてみれば1時間45分でピークに到着する。水蒸気は例年より多いので気に係る。最近の火山活動の影響が出なければ良いとつくづく思う。山頂でビールを飲みながら、笠ヶ岳が顔を出すのを待つ。笠ヶ岳から双六方面もだいぶ雪が減ってきた。今シーズンのスキーは終了と実感できる景色である。十分に景色を楽しんでお昼過ぎには車中の人となった。