秩父沢(2015.5.17)
今年はやけに雪解けが早い。鑓温泉や針ノ木方面よりは雪があるかもしれないと思い双六岳へ向かう秩父沢を登ることにした。朝5時に奈川渡ダムで友人を拾い新穂高温泉の無料駐車場に停める。駐車場には車が10台程度でしかない。人と言えばテンカラ師がイワナを狙っている程度である。6時過ぎにザックに板とブーツを縛り付けてランニングシューズでの林道歩きとなる。林道には雪が全く無い上に、雪崩による土砂崩落で荒れている。新緑の中をトボトボと歩いて下抜戸沢のデブリ地帯を通過したのは2時間も経過しての事である。シールを貼ったのは1480m地点の橋、雪は汚れているが何とか歩ける感じである。ほぼ夏道に沿って登ることになるが、左手の奥抜戸沢などからのデブリの跡と、その後の雨による溝を越えながらの登りなのでペースは全くあがらない。空はひたすら青く景色が美しいので休憩を入れながらのんびりと進んでいく。登山者には誰にも会うこともなく、大ノマ乗越への沢と鏡平への分岐付近に到着。前方を観察すると大ノマ乗越方面から単独の登山者が尻セードで降りてくる。今日初めての出会いだ。上部の状況を聞くと雪庇は抜けており非常に良い景色とのこと。相棒と作戦会議をするが、どうやら既に登る気はゼロのようである。行きすがら、山菜に目星をつけてある当方も異論は無い。そこで12時をゴールと決めて歩くことにする。少々もったいない気もしたが2250mで終了し、ビールで乾杯した後に滑降に入る。少々の溝はあるものの上部はきれいな斜面である。あっという間にデブリ地帯まで降りてくる。うねったデブリを登り返す手間を惜しんだがゆえにやぶ漕ぎを強いられることになるがこれもご愛嬌。山の恵みを頂きながらの下山となった。

新穂高温泉(6:05) – わさび平小屋(7:40) - 下抜戸沢先の橋(8:40) - 鏡平分岐2090m(11:20) - 2250m(12:00) - 下抜戸沢先の橋(13:30 - ヤブゴロ- 新穂高温泉(16:00)