立山(2015.5.2-3)

朝、待ち合わせして6時30分の始発を目指すが切符の購入が間に合わず7時初の2番トロリーバスでの出発である。それでも9時には室堂に到着し剱沢を目指す。剱御前小屋に着いたのは12時30分。たっぷり時間があるので剱沢野営場まで滑降を楽しむ。残念ながら縦溝であった。再び登り返して剱御前小屋の下からライチョウ沢を目指す。上部は気持ちよいザラメ雪であるが下部はやはり縦溝が入っていた。

明けて2日目は、雄山山頂を目指す。一ノ越からの稜線は全く雪がないので、スキーブーツが痛々しい。山頂からドロップする御前谷では、多くのギャラリーに見守られてのスタート。100mほど高度を落としたところでクレバスに落ちそうになる。意を決して1mほどのクレバスをダイブしたが、これで完全にバランスが崩れてしまいターンが決まらない。目標の鉄塔へのトラバースも、最後の10mほど雪壁を登り返す。緩んでいる雪なので問題なく突破。最後は緩んだタンボ平下部からカンパ谷橋まで無事滑り込んだ。