白馬鑓(2015.4.29)

7時30分に猿倉を出発。ゴールデンウイークとは言え、実際には単なる水曜日の休日なので猿倉の駐車場は半分ほどの入りである。そのほとんどは白馬大雪渓方面に向かったと思われる。誰もいないかと思っていたが、小日向のコルまで登ると5人ほど先行者が見える。コルから湯ノ入沢出会い付近までは凄まじい縦溝が入っており滑りにくい。そして沢の出会いはデブリとなっている。デブリ脇の程よく緩んだ雪を快適に詰めて、10時40分には鑓温泉に到着する。時間も早いことに加えザラメ雪が快適なので12時30分まで登ることを決め高度を上げていく。とても暖かい上に、途中数か所にクラックが入っているので雪崩に気を使う。都合5時間のアルバイトをしたことにより稜線下、2550m付近の緩い斜面に到着する。シールを剥いで滑降の準備をしていると数名のスキーヤーが山頂方面から滑ってくる。聞けば白馬山荘に泊まって清水谷経由で滑ってきたとのこと。数年前にワンデーで行ったことが懐かしい。快適なザラメを滑って鑓温泉まで戻ると多くのスキーヤーが寛いでいる。お湯には水着や服を着た状態で湯船につかっている人が多く興醒めする。ということで今回は風呂に入らず小日向のコルでの休憩を目ざす。コルで飲み物を冷やして大休止。最後は緩んだ縦溝をかわしながら猿倉へ滑り込んだ。

猿倉(7:30)=小日向のコル(9:15)=湯ノ入沢(9:40)=鑓温泉(10:40)=2550m(12:30)=小日向のコル(14:00-14:30)=猿倉(15:00)