針ノ木岳(2015.4.25)

朝6時に出発して扇沢に向かう。今日は久しぶりの単独行動である。7時30分に到着したころには下の駐車場も半分以上埋まっている。早速準備をして出発する。雪は少なめだが下の堰堤から雪はつながっている。青空の下2時間ほど歩いて1960メートル地点のマヤクボ沢出会いの少し下に到着するが強風が吹いている。先ほどまでのザラメ雪が氷化しているのである。雲が激しく流れているので様子を見ることにする。後続を眺めながら1時間ほどデブリの陰で寛ぐことになる。風が弱まり日差しも出てきたのでマヤクボ沢を詰めていく。20名ほどいた先行者のほとんどは針ノ木小屋方面に向かっている。今回は友人にクトーの加工を依頼してあるためシール単体での登りである。2400mを過ぎたころには安全のためにアイゼン歩行に切り替えるが、緩んだ部分は膝まで踏み抜いて歩きにくい。下の段に上がる頃には程よく締まってきたと思ったがそれも束の間のこと。稜線に出ようと思い上の段めがけて歩き出したがここがアイスバーン。無理することは無いと自分に言い聞かせて終了としザラメの斜面を滑り降りた。今年は雪が少なくて恒例のデブリも小さいものであった。