三田原山(2015.3.7)
今日は朝から青空がのぞいているが、雪は堅く締まっている。楽をして歩きたいので15分ほどでクトーを装着する。先行者は20名ほど居たのだがガイドツアーらしく、ゲレンデトップでは先頭になる。気持ちよく高度を稼いで1時間少々で外輪山まで詰めあがる。5分ほどで妙高山はガスに包まれて視界が悪くなる。三田原山に向かっては雪庇を避けながらピークを踏む。狙った場所も高度を落とすにつれパウダーに変わる。期待していなかっただけに得をした気分である。登り返しをするころにはガスも更に濃くなり、雪も降りだしたので下りに使ったラインを意識しながらトレースをたどる。シールトラブルのあったメンバーと縦長になってしまったので気を揉みながらの登り返しである。外輪山からのドロップポイントは堅くパックされており、視界も悪いので慎重に降りていく。樹林帯に入るころにはメローな雪質に変わり板もコントロールしやすくなった。春が来たなあと感じたツアーである。

妙高杉の原スキー場 = ゴンドラ乗り場(8:45) = ゲレンデトップ(9:20) = 2300m先のコル(10:45) = 三田原山(11:10) = 北西面2060m(11:25) = 三田原山(12:45)  2300m先のコルドロップ(13:30) = ツアー終了(14:45)