横前倉山シーハイルルート(2015.2.7)

今回は他の会との交流ツアーで大所帯である。朝一番のゴンドラで出発して10時には快晴の天狗原に立つ。裏ヒヨを滑りコルまで登り返すチームとシールを嫌いトラバースするチームに分かれる。トラバースを選んで先行してみたが、例年になく重い雪に苦しんだ。どうやら滑ったほうが正解であったようだ。唐松沢までの雪は上等だが結合が悪いため、慎重に一人ずつ滑ることになる。ロシアンルーレットというわけではないが、新しいトレースをつけようと、少し左に入った途端大きなスラフが発生。あわてて雪崩道から離れて待機する。雪の落ちた後は快適な斜面で皆あっという間に唐松沢に降り立った。横前倉山への登りも無風快晴で気持ちが良い。山頂からお楽しみの斜面を滑降の予定であったが、弱層テストの結果コンディションが良くないとの判断で、比較的安全で腐りかけた南斜面から落してゆく。樹林帯に入ってからは期待通りのパウダーが続いており日のあるうちに無事下山した。

ゲレンデトップ(8:35) –天狗原(10:00-10:45) –唐松沢 (12:00) –横前倉山(13:30-14:30) –橋 (15:30) –最終滑降地点(16:15) –下山 (16:45)