小日向山(2015.1.31)

今回は総勢12人。久しぶりの大パーティーになる。昨晩から降った雪は林道で20センチメートル程度である。堅い雪面に重い雪が乗っている。林道こそ雪が少ないが登るうちに雪が深くなる。低気圧が通過しているためか降雪が始まり風も強くなる。白馬大雪渓あたりでは雪崩と思われる爆音が聞こえる。ラッセルは快調であるが標高1400メートルで暴風に悩まされる。おまけに雪面がスパッと切れて雪崩の兆候が大きい。これはもう危ないということで敗退を決定。雪崩をおこさないように慎重に滑って不完全燃焼な一日となった。