蒲原山(2015.1.18)

今年のこの時期の蒲原山はパウダーを外したことが無い。例によって駐車スペースに入ると先行者がいる。昨日は降雪があったようでラッセルも膝下くらいであろう。今日は体調も良いので良いスペースで登る。2時間30分ほど歩いてちょうど尾根に乗るあたりで先行する7人パーティーに追いつきラッセルを交代する。そこから先は山頂手前まで先行するが、前半のラッセルに敬意を表して先行を譲る。
今回は天候にも恵まれたので雪倉岳がきれいに見えている。ドロップはいつものラインであるが、今回は他のパーティーも狙っていたところは同じであった。広いブナ林なのでストレスなくパウダーを堪能する。今回はシールを貼らずにトラバースするルートとして、別パーティーと袂を分かつ。高度を落とさずにトラバースをした先は激深のパウダーである。今度こそバージンスノーにトレースを刻み付け入山地まで滑り降りた。10年前は誰もいなかったこの山域もだいぶは人に会うようになってきた。そろそろ新ルートを開拓する時期がきたようだ。