白馬乗鞍親沢(2014.12.28)


今シーズン3度目のスキーはまたしても白馬乗鞍。
昨年に引き続き鵯峰の裏側から親沢に向かって滑降し、若栗から白馬乗鞍のゲレンデに滑り込みます。ゴンドラを降りて2時間ほどで目的のドロップポイントに到着する。雪は若干パックされていたが久しぶりに膝下のラッセルを楽しむ。ここからの斜面は快適なパウダーで雪が良く走り楽しめる。あっという間に滑り降りてからは約1時間の登り返しで若栗の頭に立つ。最後の楽しみを協議の結果東面へ滑り込む。急なブナ斜面だが吹きだまった斜面は山スキーの醍醐味を楽しめる。最後の急筋は50度ほどの斜面である。仲間に引き続き突っ込んだところ大きな穴に落ちてもがくことになる。10分以上悪戦苦闘して3メートルほどの穴からようやく脱出に成功した。脱出後に落ち着いて観察してみるとどうやら滝であったようだ。仲間も助けに駆けつけてくれたが、下から登るのはかなり厳しかったようだ。結果自力で抜け出せたが今後の反省材料である。

栂池 - ゴンドラトップ(0:20) - ドロップ地点2100m(2:20) - 1457m(0:50) - 若栗(1:30) - ゲレンデ(0:40)