雨飾山(2014.10.12)


台風19号の接近が遅れている。本日の天気予報は午後3時ごろまでは晴れということで、半日程度で帰宅できる雨飾山に決定した。昨日の妙高山もそうであったが、ここも冬にしか登ったことが無く、おまけにピークを踏んだことの無い、深田久弥が選んだ100名山である。殺人的な混雑との事前情報もあったが、駐車ができなければ転戦することも視野に入れて雨飾山キャンプ場に到着する。キャンプ場の前には誘導員の方がいて、路上駐車スペースへと誘導してくださり、昨日同様入山口に近い場所に駐車することができた。キャンプ場は7時前に出発して荒菅沢で休憩を入れる。ここから急な斜面に入っていくが登山者も多いのでペースは上がらない。笹平を過ぎて最後の登りに入るころには渋滞気味になり、ピークでは落ち着いて寛げる状態ではない。しかし空は快晴で佐渡まできれいに見えている。雨飾山からの景色を十分に堪能して予定通りに昼ごろには予定通り下山した。

キャンプ場(6:45) - 荒菅沢 - 笹平(9:10) - 雨飾山(9:35-9:50) - 荒菅沢 - キャンプ場(12:25)

 






ところが予定通りにはならなかった。信行の新蕎麦で昼食をとっていたところ、打ち上げを名古屋で行おうということになったのだ。長野県中部から日本海まで遠征して、太平洋へ行くことになったのだ。名古屋では、福井の海でアオリイカを釣ってきてくれた友人が刺身を差し入れてくれた。旧交を温めて楽しい夜が更けた。そして翌日午後に運休寸前の特急に乗車して無事帰宅。馬鹿な3日間が終了した。