妙高山(2014.10.11)

10月の3連休は例年涸沢の紅葉が素晴らしい時期であるが、今年は9月に雨が多く涼しかったせいか2週間前に紅葉のピークが過ぎてしまった。南アルプスに行こうか白馬に行こうかとも意見が出たが、大型の台風19号が近づいてきている。御嶽山も噴火したばかりだし、台風の時に山の上で泊まって事故でも起こせば大ヒンシュクなので、日帰りで登山をして、海に近い民宿に泊まり天気が良ければ日帰りでもう一本ということで、初日は妙高山に登ることになった。冬に外輪山でスキーをすることはあったが、妙高山本峰に登るのは初めてのことである。入山地の燕温泉に到着したのは朝の6時である。満車に近い駐車場だが登山口に一番近いところに運よく駐車スペースがあった。ルートは三ツ峰から黒沢ヒュッテを経由してピークを目指すルートを設定した。スタート地点は約1100メートルでピークが2400メートルであり、途中100メートル程下るから結構な登りになる。出発してすぐに河原の湯があり見に行く。白濁した趣のあるお風呂である。三ツ峰に向けては想像以上に急で荒れた斜面を歩くが誰にも出会わない。下山時に気が付いたがこのコースは距離も長く荒れた場所もあるので人気がないのであろう。黒沢池ヒュッテで掟破りの缶ビールを分け合って飲んでから、妙高山ヘ向かう。トラバース気味に少し下った後は本格的な登りになる。ピークへ出てみれば沢山の登山者で、さすがに百名山なのだと納得する。360度のパノラマを楽しんでからは光善寺池経由で下山する。紅葉の中を2段に流れる美しい滝を楽しんで燕温泉に下山した。
台風が来そうだと思えないような好天に恵まれ、黄金の湯でくつろぎ、その後は能生海岸に場所を移しての大宴会で夜は更けた。

燕温泉(6:25) - 河原の湯 - 麻平(7:25) - 大倉沢 - 黄金清水(8:20) - 三ツ峰分岐(9:00) - 三ツ峰(9:30) - 黒沢池ヒュッテ(9:50-10:10) - 大倉乗越(10:30) - 黒沢池分岐(10:55) - 妙高山(12:10-12:25) - 光善寺池(13:20) - 天狗堂 - 麻平分岐(14:00-14:15) - 燕温泉(14:55)