双六岳(2014.9.27-28)

職場スキー山岳部の同僚と早朝出発し、新穂高温泉に到着したのは6時ころであるが、無料駐車場は昨夜の12時30分には満車になってしまったとのこと。下まで自動車を駐車しに行く仲間の荷物を背負ってわさび平で待つことにする。こんな時は荷物を背負える若者がいてありがたいと思う。あわてる旅ではないのでのんびり登るが、鏡平に到着するころには槍ケ岳の穂先が雲に隠れてしまった。しかし紅葉が見ごろで今年は特に秋の速さが感じられる。弓折岳の登りでは、隊列が縦長になってしまうが、稜線での景色を堪能しながら双六小屋に向かって足を進める。双六谷を眺めながらのんびりと酒を飲む。小屋前のテラスで混成部隊の大宴会。寒いながらも盛り上がる。開けて2日目、早朝から双六岳へ向かう。日本晴れであるが、昨日噴火して災害を起こした御嶽山からの噴煙がひときわ目立つ。槍ケ岳へ向かうチームと別れれば後は下るのみ。昨日よりさらに鮮やかになった紅葉を楽しみながらの下山となった。

久しぶりの宴会登山は快晴に恵まれ文句なし。しかし歩くのに時間がかかり過ぎ。

9/27 駐車場満車 出発(6:20) - わさび平小屋(7:40) - シシウドヶ原(10:25) - 鏡平(11:20) - 弓折分岐(13:10) - 双六手前(14:30) - 双六小屋(15:40)

9/28 ピークハント 双六小屋(8:00) - 鏡平(9:45) - わさび平(13:40) - ひがくの湯(15:00)




 
 
御嶽山噴火で大惨事になっていると聞く