前常念岳(2014.9.20)

先週の連休はものすごい混雑だったので今回も前泊とする。仲間と駐車場脇にテントを張り酒宴を開くが盛り上がりすぎて寝たのは深夜の2時近く。そして出発が早いとあっては大変だ。従って二日酔いでの出発となる。朝6時には三股を出発する。蝶ヶ岳から常念岳を縦走するメンバーと常念岳を往復するメンバーに分かれて出発となる。登り始めて3時間でようやく水平移動に変わりさらに歩くこと1時間でようやく森林限界を抜けるが本当に急で単調な道である。前常念の道はガスの中である。そうなれば出てくるのはライチョウで目を楽しませてくれる。常念の避難小屋に着いたのは11時少し前であるがガスが本格的に湧いてきたので少し上の三角点で終了とする。縦走してくる仲間と常念岳の山頂で落ち合いたかったがこれも仕方がない。長い道ノリを2時間30分かけて無事下山した。

三股(6:00) - 台地(9:00) - 森林限界(10:00) - 前常念三角点(10:55-11:30) - 三股(14:40)