針ノ木〜爺ヶ岳(2014.9.13-14)

敬老の3連休を利用して久しぶりの縦走を企画した。天気予報によると崩れる心配はなさそうだ。2泊3日の予定なので荷物が少し重くなる。扇沢の駐車場が止められないことを想定して車で前泊する。針ノ木の夏道は歩きにくい。途中で水5リットルを汲み上げたためまたしても足が止まる。それでも11時前には針ノ木のキャンプ場に着いたが8割のキャンプサイトが埋まっていてビックリした。ガス気味であったが蓮華岳に散策に出かけ3時間ほどくつろいだ。
明けて2日目、行程が長いので5時前には出発する。針ノ木岳への登りでご来光を迎える。雲海の上の美しい景色は良いものだ。縦走路は五色ヶ原、立山、劔などの眺めが美しい。ここの縦走路は、烏帽子から船窪へ続く道と似た雰囲気がとても良い。道も比較的安全なのが有り難い。休憩のタイミングを誤りガス欠気味で種池の小屋にたどり着く。ここで目的地である冷池キャンプ地の情報を聞くと、昨夜のキャンプサイトはいっぱいで登山道までテントを張ったが、張り切れない登山客50名は冷池山荘にに泊まったそうだ。偵察のために冷池のキャンプ場が見えるところまで登ると、すでにテントの花が咲いている。もちろん種池のキャンプ場もいっぱいである。これだけ人がいっぱいなので一気に心が折れた。友人と待ち合わせをしていて申し訳なく思ったが柏原新道を通り扇沢に下山した。

9/13 扇沢(6:15) - 大沢小屋(7:25) - 針ノ木小屋(10:40-11:50) - 蓮華岳でまったり - 針ノ木キャンプ(15:00)

9/14 針ノ木出発(4:45) - ご来光(5:30) - 針ノ木岳(5:50) - スバリ岳(6:35) - 赤沢岳(8:15) - 鳴沢岳(9:10)- 新越山荘9:55)- 新越山荘9:55) - 岩小屋沢岳(10:50) - 種池山荘(12:00-12:30) - 爺ヶ岳途中下山開始(12:55) - 扇沢(15:30) - 駐車場(15:45)

針ノ木の夏道は高巻きが多くて嫌になる。やはり雪の上が良いです
テントを設営後、昼食をとってから蓮華岳へ登る。ガス気味であるが上でのんびりくつろいだ。(FMラジオは好感度)

明けて2日目 針ノ木岳に向かう途中で、蓮華岳にご来光
種池に着いたのが12時 だいぶ疲れていたのでお昼を注文
比較的地味な縦走路でも人がいっぱい 山ブーム来ています