常念岳-蝶ヶ岳(2014.9.6)

日曜日の天気が悪いとのことで、秋雨前線の間隙をついて常念岳から蝶ヶ岳へのトライアングルを計画した。常念岳は先々週に一ノ沢から登ったが、常念小屋からコースタイムの2倍もかかってしまったこともあり非常に心配である。ダメなら往復だけでもと出発した。三股からの樹林帯は相変わらず暗くて嫌になる。出発後約2時間30分で樹林帯を抜けたのでここで安曇野を見下ろしながら初めての休憩をとる。天気は持ちそうだ。この辺りから調子も良くなりなんとか前回の轍を踏まずにピークを踏むことが出来た。時間はまだ10時なので十分だ。ここからは景色を満喫しながらの旅となった。

駐車場(5:20) ー 登山口(5:35) ー 岩稜帯取り付きで休憩(8:00)  ー 常念岳(9:55-10:00) ー 蝶槍(12:25-35) ー 蝶ヶ岳ヒュッテ(13:00-13:30) ー 登山口(15:45) ー 駐車場(15:55)

出発して2時間30ほどで樹林帯を抜けて視界が開けた。安曇野を眺めながらの朝食
登山口から4時間30分ほどでピークを踏む 10年前には3時間30分のコースだったのだが ふう
常念岳からの下りのラインは気持ち良くて大好き
常念岳から蝶ヶ岳へ向かう途中での穂高連邦
蝶槍を振り返る
鍋冠山と安曇野市

登山道の整備がどんどん進んでいます。山大工さんが登山道に階段を作っていました。

そしてビックリしたのはマメウチ平の樹林が刈り払われたことです。まさかのキャンプサイトではないと思いますが、うるさいヤブ蚊が減るのかも