焼岳(2014.8.30)

週末の天気予報が最近良くない。しかも猫の目のように予報も変わる。蝶ヶ岳を狙っていたが天気予報はダメ。朝目覚まし時計で5時に起きたものの、北アルプスはすっぽり雲の中なので再びベッドに入って目覚めると8時。天気予報と空をチェックしたところ焼岳なら時間的にも良いとのことで出かける。駐車スペースは既にいっぱいなので少し上に止める。道具は一式持っては来たが荷造りが面倒なので通勤用の肩掛けカバンに最小限の荷物を入れて出発。快晴とは言えないがまずまずの天気でストレス解消が出来た。

登山口(9:40)  -  焼岳(11:40 - 12:00)  - 登山口(13:30)

駐車スペースは止められなかった 年々朽ちて行くクルマ
少し日が射してきた
リンドウ平はリンドウがいっぱい

山頂付近はガスが巻いている
ナナカマドが少しだけ秋の気配

ライチョウの親子
上高地がわずかに見えるのみで穂高や笠ヶ岳は雲の中 
20分の滞在で下山開始
涼しくて気持ちのよい一日だった