立山(2014.5.31-6.1)

5月31日(土)
朝7時30分発の始発ケーブルカーに乗り扇沢を出発する。今回は連絡が非常によく、9時30分には室堂へ到着。ここで鏡平を滑るチームと別れて竜王山へ向かう。今日は竜王山のコルから御山谷を滑り、雄山経由で山崎カールを滑降するというもの。天気はとても良く気持ちが良い。竜王山への登りは途中から夏道と併用する。仲間は竜王岳北面ルンゼを滑降するとの事なので、自分は一足早くコルから滑降に入り御山谷2330mまで滑ってから一ノ越まで登り返す。その後の立山への登りは体力を使い切ってしまい喘ぎながらの到着となったが景色を見たら疲れも忘れた。山崎カールは荒らされてはいたが、昨年より雪の量が多く楽しめた。
室堂2400m − 龍王のコル2840m − 御山谷2330m − 雄山3000m − ミクリガ池2400m (登り、下りとも1130m)

6月1日(日)
今日は御前谷を滑ると決めていた。昨夜の宴会の影響で体が重い。それでも11時には立山の山頂から御前谷へ滑降に入ることになる。見たところ40度以上はあろうという斜面だが雪が緩んでいるため安心だ。ギャラリーの後押しもあり、あっと言う間に高度を落としていく。シーズンの最後を締めくくりには文句のない斜面である。難関のトラバースも雪が緩んでいるため問題なし。南面は一部雪が切れているため藪漕ぎもあったが無事タンボ平へ到着。何回もおいしいビールの飲めたスキーであった。
室堂2400m − 雄山3000m − 御前谷 − 黒部平1800m(登り600m、下り1200m)