白馬岳〜柳又源頭〜雪倉岳北面〜蓮華温泉〜木地屋(2014.5.3-5)

早朝より白馬大雪渓を登りたかったが、高速道路の渋滞などで猿倉を出発したのは午前9時。小雪渓を登り始める頃には雲行きが怪しい。11時頃には気温が下がってきた。小雪渓をつめ上がる頃には雨になり視界が悪い。急斜面が終わる頃にはアラレが横殴りの風と共に叩き付け視界は2メートル以下となり非常に厳しい。我々3人パーティーも縦長となり後続の仲間も見えない状況である。トレースは無数にあるが、どれが正解かわからないので極力稜線へ向かうラインを外さないように歩く。スキーストックもオーバーグローブも凍り付き手の感覚がなくなりそうなので、替えの手袋のほかにフリースを着込む。後続を待っていたら凍ってしまうので歩き出す。視界のない中を一人で歩くのは非常に不安なものだ。ようやく見つけた巨大な白馬山荘も、何も見えずに入り口がわからない。仕方がないので開館していない別棟の窓から入って服を着替える。その後、自分のトレースをたどって来たパーティーと15分ほど休んだ後、手分けをして白馬山荘の玄関を見つけて無事到着。昨年は小蓮華岳から歩き、やはり雪とガスに苦しめられた。しかし今年の雨のち雪のほうが頂けない。


明けて2日、今日は柳又源頭経由で雪倉岳の北面を滑るというハイライト。遅めのつもりで8時に出発したが、山荘直下はカリカリのアイスバーンで楽しめない。従って柳又はハズレ。鉢ヶ岳のコルに向けてはアイゼンを装着する。途中で雪も緩みコルにつく頃は良い感じの雪になってきた。避難小屋からの稜線も良い感じで緩んできたので雪倉岳の山頂までスキーで登ることが出来た。山頂ではライチョウのお出迎え。ここからヒョウタン池まで高度差1400メートルの大滑降である。ほどよく雪も緩んだ中斜面は快適である。高度1700メートルより下は立て溝が入り雪が腐っている。ここからの登り返しは怠くもあるが、ヒョウタン池の清流や、兵馬ノ平の水芭蕉に癒された

最終日の今日は朝から雨である。このまま天狗原まで登り返さないと栂池の車を回収できない。上がガスだとすれば、一昨日と似た状況なので考えてしまう。そんな折たまたま出会った仲間の友人が、木地屋までの下山すれば栂池まで送ってくれるという、ありがたいお言葉で木地屋へ向かう。しかし雪解けが進み、果てしない林道歩きが続く。雨はパラパラ降っているので大正解だったのだろう。お供の車を待つ間にコゴミを収穫。大町温泉郷で湯船につかるが指の先はまだ少し痺れていた

5月3日 栂池(8:00)  = 猿倉(8:45-9:00)  − 小雪渓(11:40)  − 白馬山荘(15:00)
栂池に1台デポして猿倉へ向かう

5月4日 白馬山荘(8:00) - 避難小屋(10:30) - 雪倉岳(11:29) - ヒョウタン池(13:10) - 兵馬ノ平(15:10) - 蓮華温泉(16:00)
朝の柳又はカリカリのアイスバーンなので、途中で雪が緩むのを待つ
鉢ヶ岳のコルへ向けてアイゼンを装着
鉢ヶ岳のピークは踏まずにトラバース
雪倉岳北面の中腹は快適な中斜面
ヒョウタン池と瀬戸川の橋
兵馬ノ平では水芭蕉が咲いている
蓮華温泉の内湯も源泉掛け流し
5月5日 蓮華温泉(8:00) - 木地屋(11:30)
白池