野谷荘司山追悼山行(2014.3.16)

本日は下り坂。朝のうちは日差しがあるが高度を上げるに従いガスが濃くなってきた。ドロップポイントはホワイトアウトに近い。途中も雨に叩かれた後に薄らと積もった雪が切れて感じが良くない。大所帯でもあるので慎重に尾根沿いを下る。事故地点は巨大なデブリとなっており前回の景色とは大きく違っていた。お参りを無事に済ませて本日は終了。駐車場に戻るころには空も泣き出した。