赤禿山(2014.3.9)

先日小谷方面へ入山した仲間のレポートによると、標高1600mより雪の圧着が悪いのでピークを踏まずに下山したとの事である。本日は昼過ぎまで天気は持つとの予報であるため、標高の低い赤禿山へ行くことになる。低山なので少し遅い出発でも十分だ。午前9時過ぎに入山となる。先行者は数名だが、ほどなく追いついく。トレースに導かれるように2時間少々でピークを踏む。登りあげた斜面はそのまま滑ってもつまらなそうなので、美しい等高線のある南面を滑降する。上部はブナに保存された上質のパウダーだ。斜度も緩くなるころには雪が重くなり始めたので、シールを貼ってトラバース気味に尾根に戻る。ここからの疎林も美しいので、沢に沿って滑り込む。調子に乗りすぎて3m近くあるギャップに気が付かずダイブしてしまう。雪が柔らかくて何よりだった。ここから本日3回目のシール歩行で丘に乗り上げてから入山地へ戻る。この季節にしては珍しいパウダーも楽しめた。

山の坊(9:10) ‐赤禿山(11:20) - 南面滑降(11:40-11:50) =登り返し(12:00)- パウダー三昧 (-13:30) = 登り返し(13:45)- 山の坊(14:20)