三田原山(2014.3.1)

妙高杉ノ原スキー場のゴンドラと高速リフトを使って登る超お手軽コースである。駐車場800mから1840mまでの1000m以上をわずか1500円で登らせてくれる。ゲレンデトップを出発したのは9時40分過ぎ、雪は少々固いので歩きやすくするため、早々にクトーを装着する。トレースに導かれるように1時間10分で2300mまで登りあげる。空はまだ晴れているので、雪庇を抜いて大正池方面まで200mの滑降を楽しむ。上部はハードクラストしていたがほどなくパウダーに変わり快適な滑降を楽しんだ。ここからの登り返しは、雪がずれる急斜面で歩きにくい。ガスに覆われ足並みも乱れたため200mの登り返しに1時間30分近く要した。ようやく登り返したコルからの南面は、程よく緩んだ斜面でスキーの板が良く走る。残念ながら高度を落とすに従いガスが濃くなってくるので、随所で止まりながら滑らざるを得ない。また、初めてゆえ藪っぽいコース取りをした感は否めない。案外登りに使ったオープンバーンを滑降するのが正解だったのかもしれない。今回は東に降り過ぎたため林道歩きも長いので苦行である。最後の下り林道は視界メートルの中、ボブスレー状態でスキー場に滑り出た。夜は野沢温泉に移動して民宿で泊まる。やはりお酒を飲みすぎた。


毛無山(2014.3.2)

明けて2日目、野沢温泉の南面に出かける。毛無山まではゴンドラとリフトでトップに立つ。従ってシールを張ることなく1480m付近に下る。ハードパックされた雪の上にうっすらと新雪が乗っていて意外にも滑りやすい。(1649 -1480=1638-1400=1510-1400=1638-1350)
チマチマとした半日程度の動きではあるが、北面はパウダーで楽しめる。野沢のゲレンデはガスが濃く楽しめないので早々に下山した。

ガスは1500m位が濃いが、ゲレンデトップ1800以上では青空が見える
30分も歩けばオープンバーンが見えてくる
2300mピークまで1時間程度で到着


時間もあるので妙高山方面、大正池方面へドロップ
外輪山の中は暖かい
しかし、急斜面を登り返すころには視界不良に陥り、最後の雪庇はツボ足で登る
適当に疎林を見つけてスキーを楽しむ
今夜は野沢温泉でお泊り そして町へ飲みに出かける
野沢温泉の毛無山へゴンドラとリフトを使って登る
高低差は少ないがクラシックルート的なハイクが楽しめる
暖かい割にパウダーが少しあったりもする
気持ちよく滑って終了
温泉へ入って温泉街を観光して終了