野谷荘司山遺品回収(2014.2.22)

15日の事故により残置された用具を回収するために仲間で出かけることになった。天気は穏やかでアプローチの斜面は緩やかに始まる。気温は低いが雪がずれて歩きにくいので自分だけ早めにクトーを装着する。1300m位からクラストした雪に変わってきたため急な斜面を慎重に登る。ドロップ地点から見たピークは雪庇が大きく張り出しており壮観である。北東面のオープンバーンは上部こそウインドウクラストしているが、ほどなくパウダーに変わった。雪崩発生地点と思われる場所でメンバーが入念にピットチェックを行う。観察の結果いくつかの弱層が認められた。入念に観察した後、慎重に急斜面へ入って行く。ここから下は喉のように細く急峻な地形に変わっていくが、雪の圧着が悪くスラフが発生するので、沢筋に入り込むのは危険だと判断して尾根を迂回する。
喉からの観察により、200mほど下に残置されているスキーを発見できたのでデブリ末端と思われる部分を目標に滑り込む。現場は事故の後を生々しく残していたが無事回収し帰路についた。

なだらかな林道を歩き始める
ブナの疎林が美しい
下部を何回か登り返してスノーボードをする人が多いそうだ


中間部で雪質観察のためピットを掘る
ピークは雪庇が張り出している
三方向どこを向いても滑降に適したバーンがある
オープンな中斜面は快適な滑りを楽しめる
急斜面の手前で入念な弱層テストと事故当日の状況を検分する
急な喉から勢いを増して放射状に雪崩ことが多そうな地形
残置されているスキーは上部から認められた