黒姫山(2014.2.11)

始発のリフトは8時30分前に、ゲレンデトップのリフトは8時50分に動き出した。今回は小牧のパーティーの仲間に入れてもらった。ゲレンデトップからは、昨日のトレースがしっかり残っており歩きやすい。大した苦労もせずに1559mまで登りあげる。幅の広いトレースはここまでで、旧ゲレンデのオープンバーンを滑ったようだ。ここから先は本日2本目のリフトを使わずに登ったと思われるトレースが一本ある。ところどころで、コース取りを変えながらもありがたく使わせてもらう。約2時間30分歩いただけでドロップ地点へ到着。パウダーは十分保存されており中斜面を皆快適に飛ばす。1100mの付近で、サンクラストにより雪が腐ってきたので、パウダーの保存を期待して沢に向かっての側壁に突入する。さすがに崖地形で一気に滑り落ちるという訳にはいかなかったが最後の最後までパウダーを堪能した。

黒姫山の中腹にはガスがかかっている

振り返れば妙高山


ピーク付近は日差しが暖かい
パウダーが保存されているブナ林はちょうどガスの中
サンクラストした斜面を避けて、急な側壁へパウダーを求める