大崩山(2014.1.25)
朝6時30分に平湯から取りつく。新しい板はシールより幅が広いため、エッジ大きくむき出しになっていて歩くのに苦労する。クトーをつけてようやく1504m台地まで登る。見かねたメンバーがスキー板を交換してくれたので感謝しての登りとなる。ここからの尾根は登りやすく合計4時間程度でピークを踏むがラッセルしていく先頭に追いつけないというテイタラクである。明日確実に下り坂に向かうだろうという嫌な天気だが、今は幸い暖かい。山頂でしばし相談、雪も安定しているとのことで、大崩山の北東ルンゼを滑降することになる。雪は上々だが中間部に狭くて50度くらいのノドがあり怖々とカニ歩きで突破する。突破した終了点付近には、クレバス状の穴が開いておりビックリする。屈曲点をすぎてあと少しで大滝川というところで、雪がつながっていないギャップを降りられず滑降を断念することになる。やむなく登りに利用した尾根にツボで登り返すことになるが、斜度もある上に表層がクラストしており、踏み抜くと動きが取れない状態が続く。トップはスキーを預けてのラッセルになったが尾根に乗るのに1時間近く費やしてしまった。登り返した尾根は比較的疎林ではあるが、新調したファット系スキー板は走りすぎて藪斜面のコントロールに難儀した。厳冬期のルンゼは初滑降かもしれませんとのこと!?
朝6時30分平湯温泉を出発
振り返って見れば対岸にも良さそうな斜面が多い
山容を観察
2300mへ向けての広大なバーンをラッセルするメンバー
左は久手牧場へ続くライン
大崩山から見る槍・穂高連峰と猫岳
結局2366mからではなくピーク下から大斜面に入って行くことになる
上部の傾斜はきついが快適なパウダーが楽しめる
狭いルンゼを快適に飛ばすが、喉で足踏みを迫られる
カニ歩きで怖々と突破した後、再び快適に滑降
デブリ状の狭いルンゼを滑るが2000m付近でどん詰まり
ルンゼ右股の喉はカニ歩きでなんとか突破できたが、ここから下は崖の雪がつながっていなかった
やむを得ずシールをつけるが、急斜面で歯が立たずツボ足での登り返しに苦しむ

大崩山北東ルンゼは果たしておすすめか!?