位ヶ原(2014.1.19)

本日は鍋倉山に行く予定であった。北部に大雪警報が出ていたから変更という訳でもないが、若干のトラブルもあり乗鞍高原へ向かうことになった。冬型の気圧配置によりとても寒いが、乗鞍高原のゲレンデトップから切り開きを位ヶ原まで向かう。雪はパックされておりただ寒いというだけのこと。位ヶ原から上は強風と地吹雪で歯が立たない。歯が立たない以前に入ること自体が無謀である。手元の寒暖計ではマイナス25度になっている。顔も手も非常に冷たいので早々に滑降に入る。ところがパウダーなのに全く板が走らない。あまりに温度が低いとこんな感じになるものかと初めて感じた。下山後は竜島温泉で一休み、ここのアルカリ性の温泉はお肌ツルツルでお勧めです。

今年手に入れたオスプレーのザックコード32とブラックダイヤモンドのエレメント
ゲレンデトップでもかなり寒いので早速歩き始める
天気があまり良くないから位ヶ原までの歩きと決めている
温度計はマイナス25度 寒すぎてスキーが走らない