小日向山(2014.1.13)

二日続けての山スキーは小日向山。昨晩15センチ程度の降雪があったようで林道はリセットされている。先行者が3名ありトレースがついていた。トレースはいつも我々が登る場所とは異なっているがありがたく使わせてもらうことにした。ところがきつい藪尾根に取ついているため、同行のスプリットボーダーには厳しい登りとなる。1時間余りのロスを余儀なくされるが、結局トレースを分たりしながらラッセルを開始する。先行者は1400メートル付近で滑降を開始した。我々は終了時刻を13時と決めていたが意外と深い雪のラッセルに苦しみ1600メートルで終了となる。上部のパウダーは素晴らしいものがあるが、急な沢に飛び込んだとたん大きなスラフを起こしてビックリする。今回新調したブラックダイヤモンドのジャスティスという板は175センチメートルセンターが11センチというファットスキーなので素晴らしく浮き上がる。下部は少し重い雪であったが目指したポイントまで雪はきれいにつながっていた。
 板について少し残念なことは、テールが弱くて見事に剥がれかけている。表面の接着に問題があるようだ。さっそく修理に出すことになったので、しばらくは古いスキーで我慢することになりそうだ。

いつもと異なる取り付き
スリップボーダーは登りに苦しむ
本格的なラッセル開始
パウダー
ブナの疎林は快適