蒲原山(2014.1.12)
シーハイル主力メンバーと久しぶりに出かけることになった。入山口は除雪が行き届いているので駐車にも問題がない。少し歩き始めるが雰囲気が違う。どうやらこのシーズンにしては雪が少ないようだ。林道からの雪は膝下程度のラッセルなので先行するメンバーにはラッセルのうちに入らない。追いかけるのにも一苦労だ。途中で単独で入山していた地元の山岳ガイドと合流してピークを踏む。やはり予定通り4時間かかった。我々のルートはガイドも知らなかったようでガイドをガイドすることになる。上部はかなり上質な雪であったが、いつもの沢は割れて波打っており違った景色に見える。お決まりの登り返しはドロップポイントを探るため、いつもより高い場所まで登り返してみたが良いドロップ地点が見当たらずにいつもの場所からの滑降となる。普段ならショートカットする場所も少ない雪なので最後は林道を滑って終了した。
道路は乾いていたが登山口には雪がある
広葉樹林帯は明るくて美しい
シーハイル

上部はかなり快適なパウダー