夏の山旅(2013.8.24-28)

三俣蓮華(BC)- 鷲羽岳 - 水晶岳 - 雲ノ平 - 高天原温泉


8月24日 

天気を見ながら日和っていたら今日は意外と天気が良い。新穂高温泉で車中泊を考えていたがキャンプの気分を味わいたくなったので、わさび平で泊まることにした。明日は雨の予報だから辛い一日になるだろう。今日だけでも盛り上がろうと、わさび平小屋のベンチで酒宴を張った。

新穂高温泉(13:30) − わさび平キャンプ地(15:00)
わさび平で棚卸し
前進キャンプ
夕方まで宴会
キャンプ地

8月25日

早起きするとありがたいことに雨はまだ降っていない。さっそく荷物をまとめるが暗くて歩く気にならないので肉眼で道が見えるようになるまで待って出発する。シシウドヶ原を過ぎるころには雨になり、鏡平に着くころには土砂降りになる。鏡平の小屋で休ませてもらうのでお礼もかねてホットミルクを注文、砂糖を入れて飲む味は、高校生の頃喫茶店で飲んだ懐かしい味がした。双六の小屋に着くころには雨もあがりそうだ。夕方までに三俣へ着けばいいので、贅沢にもカレーライスを注文して雨が上がるのを待つ。双六への巻き道から青空がのぞき始め、明日からの明日からの日程に心がはずむ。三俣キャンプ場では夏野菜カレーを作ってささやかな宴会とした。

わさび平キャンプ地(4:50)− 秩父沢(6:00)− 鏡平(8:10−9:00)−双六小屋(11:00−11:50)− 三俣キャンプ地(14:45)
鏡平の山荘でホットミルクを頼んで雨宿り
双六小屋で再び雨宿り カレーも頼んでみる
今回のテーマはカレー  なので夏野菜カレーを作ります

8月26日

ベースキャンプを三俣と決めたはいいが、昨晩逡巡しており出かける場所に悩んでいたが、満天の星空を見て心が決まった。鷲羽岳と水晶岳を登って北アルプスの大展望を楽しむことにした。やはり期待通りの大展望で、今日の一日だけでも来た甲斐があるというものだ。時間も早いので、雲の平へ足を延ばすことにする。目的は展望と雲の平の源流で作る冷麺だ。祖父岳からキャンプ地を抜けて雲の平の小屋へ続く道は廃道になっており、30分は余分に時間がかかってしまった。やはり新しい地図で歩かなければならない。

三俣キャンプ地(5:25)− 鷲羽岳(6:25) − ワリモ岳(7:05) − 水晶小屋(8:10) − 水晶岳(8:50) − 水晶小屋(9:30) − 祖父岳(11:30)− 雲の平(12:10−12:50)− 三俣キャンプ地(15:30)
何回懲りてもまた買ってしまった不味い棒ラーメン 不良在庫は廃棄予定
目の前の鷲羽岳に誘われて登ることにする
三俣蓮華岳
黒部五郎岳
遠くに笠ヶ岳
トウヤクリンドウ
鷲羽池
笠ヶ岳
硫黄尾根
水晶小屋と水晶岳
水晶の原石
遠くに槍ヶ岳
鷲羽岳
後立山連邦
水晶岳山頂からの展望
双六岳の奥に笠ヶ岳
赤牛岳の奥に剱と立山
赤牛岳
水晶岳ピーク
槍ヶ岳遠望
笠ヶ岳
赤牛岳と遠くに剱と立山
黒部湖と鹿島槍
祖父岳
遠くに雲の平山荘
雲ノ平
薬師岳
雲ノ平
雲ノ平への下り
雲ノ平池溏
雲ノ平テンバで涼麺づくり まずワカメなどを水で戻す
冷たい水で麺を締める
散策
登山道は付け替えられて木道になっていたが遠くなった
今夜のつまみと夕食

8月27日 

朝テントをたたく雨の音で目が覚めた。停滞しようかとも思ったがありがたいことに5時過ぎには雨が止んだ。今日は温泉に入るためだけに高天原へ向けて出発する。岩苔乗越からの長い下りは、帰りが登りになるだけに気が滅入るが、途中で水晶池に寄り道をして景色を眺めた途端に気分が晴れた。めったに見られない景色に感動してそのまま温泉に突き進む。白濁した温泉は少しぬるくて気持ちが良い。しばしくつろいだ後は汗だくになっての登り返しとなった。明日のために双六まで入っておきたかったが疲れてギブアップ。やはり温泉に入った後歩くのはきついです。

三俣キャンプ地(5:35)− 岩苔乗越(7:00) − 水晶池(8:15) − 高天原温泉(9:15−10:00) − 水晶池(11:00)− 岩苔乗越(13:00)− 三俣キャンプ地(14:50)
岩苔乗越への登り
水晶池
高天原
高天原温泉
温泉は緩めだが気持ちいい 
今度は小屋に泊まろう 前に泊まったのは10年以上前だったかな?
高天原と薬師岳
ヨツバシオガマ
黒部源流

夏野菜ビックかっちゃんカレーレシピ(1人前)

材料:玉ねぎ1/2・シシトウ4本・オクラ2本・ビーフジャーキー2枚・ビックかっちゃん(駄菓子)・フォンドボーディナーカレー

玉ねぎは薄くスライスする。オクラは一口大に切る。ビーフジャーキーは適当な大きさにちぎる。これを鍋で炒めてカレールーで煮込んで、ビックかっちゃんを添えて出来上がり。カレーと一緒にアルファ化米を一緒に煮込んでも良い。

8月28日

あっという間の下山日。1升あった焼酎も食事もあらかた食べつくしたので荷物が軽くなった。朝はスープを飲んだだけでの出発だったので、わさび平小屋で食事をすることだけを考えながら下山した気がする。

三俣キャンプ地(5:00) − 双六小屋(7:00) − 鏡平(8:40−9:00) − わさび平(11:00−11:30) − 新穂高温泉(12:40)
早朝に下山開始 三俣山荘の明かり
双六岳
鏡平
逆さ槍は見えず
わさび平小屋のカツ丼は今ひとつかな