立山(2013.6.1-2)

今シーズンの締めにふさわしいのは立山と決めていた。7時30分始発のトロリーバスに乗って10時前には室堂に到着する。雲が多いが暖かく気持ちが良い。今日は竜王岳と鬼岳のコルから御山谷へ滑り込み、一ノ越まで登り返してから雄山へ登り、山崎カールを滑るというメニューだ。竜王岳へは自分ひとり夏道を避けて浄土山とのコルを目指すが、側壁が厳しく冷や汗もので竜王へたどり着く。ここからは素晴らしいザラメで御山谷2350mくらいまで高度を落とす。登り返しは1時間少々だが相棒が登ってこないので一ノ越でのんびりと時間をつぶす。雄山までは雪が全くないので板を担ぐ。山頂では物おじしないライチョウが出迎えてくれた。山頂直下は雪がつながっていないため一段降りてカールを滑降する。ところどころに岩が出ていたがゆるんだ雪に助けられて無事に室堂山荘に到着する。

あけて2日目、昨日が楽しかったことに加え他を見回しても雪が少ないので同じコースを滑ることを決定。昨日の雪壁に今日はクトーをつけて挑む。ところが昨日と今日の暖かさで雪がグズグズ崩れるためビビッてやめにする。竜王岳への夏道に側壁から取りついてみたものの、ハイマツの藪と急斜にあえなく敗退し、一ノ越山荘のちょっと上まで戻って夏道を歩く。ここで30分以上ロスしてしまった。このため御山谷は入口までにとどめて雄山に登る。やはり山崎カールもたった一日で非常に少なくなっていた。重い雪ではあったがカールのそこまで滑り込んでツアーは終了した。

7:30 始発のトロリーバスに乗る 往復で7960円JAF割引
つまみの白エビ味噌をゲット
空は高曇り 予定どおり竜王岳へ向かう
浄土山と竜王岳急斜面を苦労してシールで詰めた 
遠くに五色ヶ原
竜王岳と鬼岳のコルから滑降
気持ちが良いのでそのまま御山谷を下る

1時間30分近くかけて一ノ越山荘へ登り返す
少し休んで立山を目指す

立山山頂でお出迎え



御山谷を見下ろす
立山山頂で一息 風もなく穏やか
上からは雪が繋がっていないので一段下からドロップ
ザラメの山崎カール
あっという間に降りてしまった
室堂山荘は2食つきで8820円
相部屋だったおじさんは大虎だった ティシュペーパーを耳に突っ込んで眠った
明けて2日目 ガスっぽいのでゆっくりと出発 メニューは昨日と同じ
今日は夏道を登った 昨日のルートに取り付いたが心が折れて一旦下る
今日は時間短縮のため御山谷は滑らない
山崎カールを底まで滑って登り返す
12時過ぎにターミナルへ帰着

念願の黒部ダムカレー 辛口でほうれん草を使って黒部湖の色を出す。 遊覧船にみたてたのはヒレカツ