栂池〜白馬岳〜雪倉岳〜蓮華温泉〜栂池(2013.5.3-5)

5/3(金)次発のゴンドラで栂池を出発。先日は春の嵐で撤退を余儀なくされたが、大雪渓で雪崩が発生し遭難事故が起きたことを考えれば良い選択であっただろう。ゴンドラトップでは青空は覗くものの風は強い。予想したよりは登山者は少ない。別パーティーを組んだFパーティーと、抜きつ抜かれつで白馬大池まで到着。急な斜面を避けて尾根に乗る。船越ノ頭付近までは晴れていた空も強い風によって白くなってくる。雪も固くなってきたのでアイゼンを装着し歩くが三国境付近を過ぎる頃にはますます風が強くなる。ここは昨年数人が凍死したあたりだ。白馬岳直下の雪壁ではホワイトアウトとなり前後が見えなくなる上に叩き付ける地吹雪が顔に痛い。慎重にステップを切りながら何とか忠実に尾根を這い上がって白馬岳のピークを踏む。たまに切れるガスから足下にある先行者のアイゼンのあとを拾って白馬山荘に到着したのは3時40分であった。春山と言っても心してかからなければならないことを再認識した一日だった。

5/4(土)別世界のような白馬山荘で十分休養をとり7時30分に白馬山荘を出発する。本日は柳又源頭を滑り、鉢ヶ岳手前のコルを目指すコースを選択する。他にツアーらしいパーティーがいたが高度を落とさないようにトラバースしている。滑りにきたのにもったいないものだ。最初こそアイスバーンであったがほどなく、少し締まった雪に変わり存分に滑りを楽しんだ。目指すコルはやはり強風で苦しめられる。避難小屋まではアイスバーンを慎重にトラバースしながら滑り込む。ここからはシールをつけて雪倉岳の山頂までひと登り。強風だが何とか板をはずさずにピークをハントする。雪倉岳から蓮華温泉までは北面から東面へ滑り込むルートを選択。他にパーティーはおらず。風を避けて緩んだ斜面を快適に蓮華温泉まで滑り込んで2日目は終了。

5/5(日)ツアー最終日。日程に余裕のあるメンバーは五輪山を滑るとのこと。我々二人は帰宅なので、朝風呂として露天の薬師の湯に入浴。誰もいなくて貸し切りで至福の時を過ごす。名残を惜しみつつ振子沢経由で天狗原には10時30分に到着。ヘリスキーで賑わう場所でツアー気分は終了した。

朝8時のゴンドラに乗って再び天狗原へ出発
先週は強風でロープウェイが動かなかったが今日は良い感じ
天狗原まで快調に足を進める
白馬乗鞍を越えて船越の頭に出る頃には目指す白馬方面に雲がわいてきた
稜線に風が出て氷化してきたのでアイゼンをつけてスキーを担ぐ
風が吹きだして辛いものがある
船越ノ頭付近
三国境を過ぎる頃には視界が悪くなってきた

叩き付ける風と地吹雪でどんどん辛くなってくる
やっとのことで白馬山頂 そして白馬山荘に到着
夕飯はかなり豪華
そしてこの朝食も山頂直下とは思えない
明けて柳又源頭を慎重に滑降開始
白馬山荘直下はアイスバーン
しばらく降りると風がなくなり雪が緩んできた
大雪原のファーストトラックを頂く

風はあるが気分は爽快


そして鉢ヶ岳のコルに詰めるがまたしても お約束の強風
避難小屋の裏でシールを貼る
そして雪倉岳の山頂を目指すが やはり強風に苦しむ
先行するパーティーはアイゼンだがこちらはシールで頑張る というか スキーの方が歩きやすい
雪倉岳のザラメ雪は気持ち良く飛ばしすぎて記録写真が無い
蓮華温泉に到着 大げさだがこの2日は厳しかったので なんか助かった感じ
帰る前の朝風呂は貸し切りの薬師の湯
振り子沢をつめて天狗原へ戻る
天狗原を飛ばして栂池で終了 大町の信行で昼食をとり帰宅