火打山(2013.4.28-29)

4月27日(土)

今回の予定は、栂池ゴンドラトップから入山して白馬乗鞍、小蓮華山、三国境を経て白馬岳(泊)2日目は雪倉岳の大斜面を滑降してから蓮華温泉(泊)最終日の3日目は、天狗原に戻るという計画である。

朝6時に、メンバーに家まで迎えに来てもらい栂池で朝一番のゴンドラに乗る。雨模様だった天気も高度を上げるに従い吹雪に変わる。こんな時に行動しても危険なのでレストハウスで天候が回復するのを待つことにする。エスケープルートを考えて、最終判断は1時30分とした。天気予報は上向きなのに、待てども暮らせども天気は回復しない。こんな中でも上がっていく人もいる。「遭難するぞ、白馬も雪崩だろう」などと話しながら時間をつぶしたがなんだかんだで、午後2時となり下山を決定した。大幅に予定が変わったので全面的な計画変更を余儀なくされた。本日は「能生マリンパーク」でカニを食してから能生の民宿に宿泊し明日に備えることにした。

4月28日(日)

変更した計画は、下山口の笹倉温泉に車を1台デポしてから笹ヶ峰牧場へ向かい、火打山経由で焼山北面を滑降するというもの。しかし下山口にデポしに行ったところ、笹倉温泉では、未だ天気はすぐれない上、雪の状況もわからなかったので笹ヶ峰から火打山往復と決めた。駐車場からは適当に取りついたが、高谷池方面に向かうトレースはない。間違ってはいないだろうからコンパスを当てた方向に適当に歩いてゆく。沢状の地形なので1時間も歩くころにはトレースとマーキングを見つけて歩く。このころから快晴に変わってきた。あとは尾根に乗るだけだが、1か所急峻な地形があり板を担ぐことになる。黒沢岳からのトラバースはだるいので、一本滑って高谷池ヒュッテに登り返す。快晴の中を良い斜面を滑ることができてびっくりした。高谷池ヒュッテの宿泊料金は、2食付7000円で料金は格安である。夕食はカレーライスで朝食は中華丼。山小屋なのでこの程度が良いのかなあとも思う。

4月29日(月)

朝食後にゆっくりしてから8時に火打山へ向かう。少し下り坂のようで風が強い。1時間少々で山頂に立つが強風で長居ができない。さっそくシールを剥いで中央の大斜面を滑り降りる。快適に300メートルほど滑り天狗の庭まで登り返しする。我々以外のスキーヤーは皆、登った尾根を忠実に滑っているが勿体ないものだ。天狗の庭で一休みの後、サクラ谷から鍋倉谷に滑り込む。途中で重かった雪も下るにつれてザラメに変わった。

最後の林道はフキノトウを摘みながらの旅となった。下山連絡を家に入れたところ、やはり白馬大雪渓での複数の遭難事故とのこと。大人の休日に変更して正解だった

当初の予定は4/27に朝イチのゴンドラで出発してハクノリ経由で白馬岳へ向かう予定
しかし強風なので様子を見ることにする

なんだかんだで、午後2時まで様子を見たが芳しくないのでゲレンデを下山して全面的に予定変更
当初予定は、栂池〜白馬乗鞍〜白馬岳(泊)〜雪倉岳〜蓮華温泉(泊)〜栂池へ下山

完全にくじけて能生のマリンパークでカニを食す
急で食事の用意ができないとのことで素泊まり 4200円を4000円におまけしてくれた
予定は笹が峰から笹倉温泉にしようと決めたが朝は雲が低いので火打ピストンに変更
笹が峰牧場を偵察
そして高谷池ヒュッテへ向けて夏道を歩き始める

快晴だがだらだらと長い
左は焼山
ヒュッテまでのトラバースはせずに谷へ滑り込んで登り返す よいザラメ
下部は快適な緩斜面
宿は完全予約制の7000円 夜はカレーライスで朝は中華丼

昨日仕入れたタコの刺身で宴会
明けて朝8時過ぎにノンビリ出発
空は高曇りで風が強い

ピークは強風なのでさっさと滑る準備
山頂からの大斜面を十分楽しむ
登り返しはシーハイルのお約束
サクラ谷を滑降
登山道を外れて滑り込んだ沢は十分楽しめた フキノトウもね