安房山(2013.2.17)

安房山シーハイルルートを目指して平湯から入る。ルート開拓者たちもこちらからはあまり来ていないとのこと。旧道のゲートに車を止めて出発。見るからに薮は濃いがなんとかなるだろう。

安房平に向かって適当に詰めるが、クラストした氷の上に新雪が乗り、途中で板を脱いでツボ足で登る。安房峠経由で山頂を目指すが、この腐れ尾根は薮が濃い上に風にたたかれて凍っており、おまけに表層が雪崩れるためアイゼンがないと危険だと判断して、2000mから小舟へ下る。飛び出しは雪崩も躊躇したが、飛び込んでみると素晴らしいパウダーで絶叫となる。こうなるとこれで終わる訳には行かないので中の湯側からの尾根に登り返して再びパウダーを堪能する。ピークは踏めなかったがシーハイルらしいツアーであった。

平湯の除雪最終地点から入山
安房平に向かってのツメはツボ足になる
国道158号線旧道を歩いたりしながら峠に出る

薮の濃い腐れ尾根を歩く
遠くに四ッツ岳と金山岩

小船に向けてのお約束パウダー
今日の行程は8時間