涸沢と横尾本谷と氷河公園(2012.10.6-8)
1日目 10月6日 

横尾で2泊の紅葉の旅。朝6時前に沢渡駐車場につくも既に満車。しばらく待つうちに近所の民宿の駐車場が開放されたため何とか駐車できたが、こんなことは初めてである。横尾までも人の列が続き横尾にキャンプを張れるか心配する。朝も早いため横尾ではぶじにBCを設営して涸沢へ向かうが、人の数が多すぎて追い抜きを断念する。横尾から涸沢まで3時間近くかかってしまった。紅葉は悪くはないが、もう少し色が欲しいところである。明日の本谷に期待しよう。

沢渡(6:00) ー 上高地(6:45)ー 横尾(9:30-10:00) ー 涸沢(12:45-14:00)ー 横尾(15:40)

沢渡の駐車場は5時30分には満車で入れなくて、民宿の駐車場にかろうじて駐車
今回は横尾にベースキャンプを予定 あまりの人の多さに張れるか心配になる
本谷橋も数珠つなぎで歩いているが、怖いので下の木の橋を渡る
Sガレ近くではダケカンバの紅葉が始まる
横尾から涸沢までは渋滞で3時間かかってしまう
少し遅かったのか紅葉も思っていた色とは違うが去年よりは相当良い
涸沢のテンバは思っていたよりテントが少ない ということは小屋の状態はどうか

人ごみの中で飲む生ビール ヒュッテはウハウハかな
テラスから眺めるテント村
山岳救助隊詰所付近のナナカマド
帰ってみると横尾のテント場も埋まっていた
おでん トムヤンクンラーメン入り闇鍋 フリーズドライのスープスパゲッティー
2日目 10月7日 

当初の予定はA沢のコルへ詰めてから、北穂高岳、涸沢と巡る予定であった。しかし山頂付近に雪が降ったことに加えて、涸沢の紅葉が期待したほどでなかったため、急きょ右俣に変更してモレーンの紅葉を見に行くことにした。これが大正解で素晴らしい景色を堪能する。記憶を頼りに登ったが、最後の詰めでルーファンのミス。ハイマツの薮こぎとなったがこれもご愛嬌。氷河公園から槍沢の紅葉も素晴らしく、今年のできばえは涸沢以上だった。惜しむべきは青空が出なかったことだが、贅沢を言えばきりがないでしょう。

横尾(6:20) ー 本谷橋(7:10−7:45) ー 二股(8:55) ー モレーン下(10:00) ー 右俣源頭(12:00) ー 氷河公園(12:45) ー 槍沢(13:30) ー 槍沢ロッヂ(15:00) ー 横尾(16:00)

本谷橋を8時前に出発
左俣からA沢のコルを予定していたが昨夜の雪で右俣へ変更
今回はゴーロ歩きのため登山靴ではなく沢靴を履いてきた
二股でキャンプをしていた人の痕跡
右俣の大岩を乗り越えて進む フィックスロープとパーミングの会わせ技で登る
モレーンに素晴らしい紅葉が待っていた
ガスが晴れてわずかながら青空がのぞく
色のマジックに足が止まる

ダケカンバのトンネルの中を歩く
甘くて食べごろのブルーベリー これはすばらしい味
振り返って屏風岩
わずかに残った雪渓のほとりで大休止

紅葉を楽しみながらの登りは続く
ザレを詰めて最後の岩稜を目指すが最後はハイマツのヤブコギに苦しむ
右俣へのツメはザレザレ 最後の岩稜でルーファンミス ハイマツを引っつかんでよじ登る
上空がガスなので逆さ槍は拝めない (2006年の記録はコチラ)
今年の氷河公園の紅葉は涸沢以上でした
さらに下って槍沢の紅葉
今年は涸沢よりも槍沢のほうが赤く燃えている
ミヤマダイコンソウのような雰囲気だがこんな時期まで咲いているとは サラシナショウマかな
再び横尾へ帰還
3日目 10月8日

帰る日に快晴とは良くあること。奥又白池を見に行こうかとも思ったが、相棒がギブアップのため早々に撤収して、乗鞍の一ノ瀬牧場を散策して今回の旅は終了した。

横尾(7:00) ー 上高地(9:00) 

帰る日に快晴 奥又白へ行きたかったが相棒がギブアップ
早い時間なので上高地を無事脱出
乗鞍温泉せせらぎ湯で汗を流した後は一ノ瀬牧場の一ノ瀬丼 1100円
青空とあざみ池