裏銀座から表銀座縦走(2012.9.15-18)
1日目 9月15日 

連休初日は午前中の勤務。仕事が早く終わったことと仲間の協力を得て、その足で待ち合わせ場所に向かう。コースタイムを信じれば明るいうちには到着できないが、過去に登った記憶を頼りに明るいうちに着けるだろうと出発する。やはり初日は荷物も重いが、足にムチを入れて登る。途中でパラッと雨が来た。

しゃくなげ荘(11:30) ー 高瀬ダム(12:45)ー 濁沢(13:00) ー 烏帽子小屋キャンプ(16:45)

七倉ダムに駐車してタクシーに乗る(2100円) 高瀬ダムはきれいな緑色
ブナ立て尾根は急登の連続なだけに足を動かしていれば、エアリアのコースタイムより早い
荷揚げした野菜と闇鍋風の怪しげな雑炊で宴席をはる
2日目 9月16日 

今日は裏銀座のハイライトで野口五郎から双六まで向かう長い旅。360度見渡せる景色に大満足の1日。今回の旅では行くことを断念した水晶岳や雲の平が美しい。三俣にキャンプを張ってのんびりしたいものだ。

烏帽子キャンプ(5:20) ー 野口五郎小屋(7:45) ー 野口五郎岳(8:00) ー 東沢乗越(9:45) ー 水晶小屋(10:55) ー 鷲羽岳(12:15) ー 三俣山荘(13:10) ー三俣蓮華岳(14:10) ー 双六岳(15:20) 双六キャンプ(16:05)

大町方面の雲海
烏帽子のキャンプ場を出発してひょうたん池を過ぎた頃にはご来光がさす
野口五郎岳へ向かう稜線から振り返る烏帽子岳
赤牛岳と薬師岳が近くに見えてきてワクワクする
野口五郎岳へ向かう稜線から立山と五色ヶ原を望む
五色が原と赤牛岳
水晶小屋付近から鷲羽岳、笠ヶ岳を眺める
水晶小屋と水晶岳 今回は時間の都合で水晶はパス
鷲羽岳の池も涸れそう
雲の平を右に見ながら三俣蓮華岳に向かう
左は三俣のテン場、鷲羽岳が美しい 右は双六のテン場
双六小屋で生をお買い上げ 酒席を張って早めの就寝
3日目 9月17日

夜中に強風が吹き付けたのでテントが心配だった。朝西鎌尾根へ向かうも風が強くて体が流されるので遅々として進まないが、再び足にムチを入れて槍ヶ岳山荘へ詰め上がる。今回のテーマは西鎌尾根と東鎌尾根を歩くというものなので。あえてピークを踏まない。槍はキタカマ行ってるからいいやと、少々の強がりで東鎌へ向かう。しかし意外と厳しくて足が止まってしまう。エネルギー切れもあるだろう。崩落場所もあって侮れない。やっとの思いで西岳小屋へ登り詰めて、「オランジーナ」を購入し一息つく。しかし一旦切れてしまった体力は回復しきらず、トボトボと大天井のテン場にたどり着いた。しかもすごい強風でテントを張るのに一苦労。夜は酒宴もそこそこに強風の中、爆睡した。

双六(5:20) ー 樅沢岳(5:55) ー 千丈乗越(8:15) ー 槍ヶ岳山荘(9:30) ー ヒュッテ大槍(10:25) ー 水俣乗越(11:50) ー 西岳小屋(13:00) ー 赤岩岳(14:00) ー 大天井ヒュッテ(15:15) ー 大天井キャンプ(16:15)

夜中強風が吹き付けた。朝も風は強いものの雨が降っていないので西鎌尾根を登ることにする
強風とガスで槍ヶ岳は姿を見せない  右は西鎌の尾根
強風に苦しめられて、余分な体力を使いすぎて槍ヶ岳山荘へ到着、この頃にはガスも切れてきた
槍のピークは興味無し 他から見て一番美しいのが槍ヶ岳だと思う  でも、何回もピークは踏んでいますよ
普通登りの多い東鎌尾根を逆走する  槍ヶ岳独標と東鎌尾根が美しい
水俣乗越を過ぎて槍ヶ岳を振り返る
ガス欠に苦しみながら登り詰めた西岳の小屋 ここは槍ヶ岳の展望台です
大天井岳の稜線から見る裏銀座の山なみ
反対の常念岳と松本平は曇り空 稜線をはさんで天気が違う
西岳から大天井岳への縦走路で見つけた、キタカマへ入る貧乏沢の道標
大天荘から眺める安曇野
とりあえず強風の中にテントを張り、大天井岳のピークを踏む
4日目 9月18日

夜中吹き荒れた強風にめげずに爆睡。朝は目覚ましの音に気づかずに寝坊。雨が心配だったが晴れる予感なので、表銀座の最後の縦走が楽しみだ。ほぼ水平移動の中、歩いた稜線を目に納めて旅は終了した。

 大天井(6:00) ー 喜作様のレリーフ(6:15) ー 切通岩(8:00) ー 燕山荘(8:30) ー 中房温泉(12:00) ー 車の回収 ー すずむし荘で入浴

大天井から見る安曇野が美しい
小林喜作様のレリーフと裏銀座の山々
表銀座から縦走してきた裏銀座を眺める
切通岩と旅の終わりの燕山荘
旅の終わりの燕岳
パートナーとの記念写真
無事下山、すずむし荘で汗を流す