常念岳
(2012.8.29)

蝶ヶ岳へ行こうか常念岳へ行こうかと迷いながら車を走らせる。秋の空が美しいので、樹木のうっそうとした三股はやめて一ノ沢からの常念登山とした。平日とあって登山者は少ないので、ゆっくりながらも高度を稼ぐ。常念小屋に着いたのは3時間後。雲がわいてきたので急いでピークを踏む。何とか間に合って景色を楽しむ。この時期は大天井方面へ縦走する人が多くて羨ましい。久しぶりに行きたいものだが車の回収を考えると二の足を踏んでしまうのが、サラリーマン単独登山の切ないところです。

入山(6:35)ー 常念小屋(9:30-9:50) ー 山頂(10:50) ー 常念小屋(11:35-12:00) ー 下山(14:30) 

駐車場も路肩も空いており登山者は少ない
天気が良くて風が涼しい
トリカブトやアキノキリンソウが季節の移り変わりをお会い得てくれる
振り返れば安曇野が絶景
駐車場から常念小屋までは3時間(水を飲む以外の休憩は無しだった)
小屋の前でコンビニ調達の遅い朝食
横通岳とトウヤクリンドウそして下に常念小屋
槍や穂高にはガスが湧いてくる 景色はギリギリセーフでした
そして景色に恵まれなかった人
常念小屋で冷たいビールをお求め
センジュガンピ
下山口で雨が降り出した ラッキー ホリデー湯に入って帰宅