徳本峠(2012.6.2)

明日は上高地ウェストン祭です。話のによれば「日本アルプスやその中でも最も人気のある上高地を明治時代に世界に紹介し、日本近代登山の父と言われる英国人宣教師ウォルター・ウェストン氏の功績を偲ぶ、夏山シーズンが始まる時期に日本山岳会主催で行われるイベント」だそうです。

今回の登山は、旧安曇村が長く続けている登山で、安曇野小学校の5年生が、島々谷から徳本峠を越えて翌日のウェストン祭に参加するという恒例行事で、今なお安曇支所と公民館と小学校が恊働実施しています。参加人数は日本山岳会が同時に実施する登山よりは少ないですが、地元のガイドによる、のんびり山行が魅力です。そんなわけで誘っていたのでハイキングシーズンスタートです。

安曇支所(6:00) ー 二股(7:50-8:20) ー 岩魚留小屋(10:40-10:55) ー 途中で昼食25分 ー 徳本峠小屋(14:00−14:25)ー 明神(16:00) ー 上高地(17:00) ー 安曇市支所(17:50)

過去の記録はこちら

梓川支所(旧梓川村)公民館行事で6:00安曇支所出発
約6キロメートルの道を歩き二股で昼食 フリーズドライのトン汁
四賀の保福寺峠を人力車で松本を経て、この峠を歩いたウェストンの時代の登山道に思いを馳せる 
炭焼き釜はきれいに保存されている
要所要所にはしっかりとした橋が架かっている
岩魚留小屋は営業していないが、屋根などは前よりもきれいになった
キャンプサイトの名物カツラの巨木 
名前を調べようと撮影した花とニリンソウ
沢の本流を分けて徳本峠小屋の立つコルへ向かう
標識に座布団一枚
後学のためにユキザサを観察する
「国登録重要有形文化財」徳本峠小屋 鑑札は貼られていなかった
残念ながら穂高連邦の稜線はガス隠れていた
明神付近にはニリンソウとトリカブトが群生していた 葉は良く似ているが大きい方がトリカブトとのこと
上高地に着く頃には雨になるが、バスが迎えに出てくれた