立山(2012.5.26-27)

2012シーズンの板納めは立山と決めた。おそらく快適に滑れるのは白馬周辺か立山くらいだろう。白馬方面は先週も行っているので、軽費は嵩むが仕方が無い。天気も上々で快適なザラメを楽しんで今シーズンを終了とした。


室堂(2430m) ー 竜王岳のコル(2840m) ー 御山谷(2340m) ー 立山(2990m) ー 山崎カール ー 雷鳥沢野営場(2270m) ー 剱御前小屋(2750m) ー 剱沢(2550m)  ー 剱御前小屋(2750m) ー 雷鳥沢ー 雷鳥沢野営場(2270m) ー 室堂(2430m) : 5/26 登高(1060m) 滑降(1220m)   5/27登高(840m) 滑降(680m)


扇沢室堂往復8400円 手荷物A(スキー200+ザック200)×往復=800円、手荷物B(スキー400+ザック400)×往復=1600円

温泉入浴料500円

7:30始発のトロリーバスに乗るも、室堂到着は9:40(時刻表より遅いので注意)
大観望駅でつまみを仕入れる
室堂周辺は雪の壁が出来ていて見通しが利かずに右往左往
一の越手前から竜王岳へ向かってルートを取る
富山大学の研究所から竜王岳を見る そしてここから御山谷へドロップ
昨日降ったと思われる雪が5センチほどあり、雪がずれる
切った雪はグズグズと雪崩れていく 急斜面は雪崩の上を滑降する
御山谷に歓声をあげてかっ飛ばす
快適なザラメ雪に滑降がとまらない
獅子岳(左)鬼岳(右) 来年はオートルートへ行く
雄山までは650mの登り返しが待っている
一の越から立山は雪の少ない夏道を担ぎで進む
カルデラ地形は美しい
立山山頂からの絶景を堪能
五色が原から越中沢岳方面を観察
山荘の裏から山崎カールをドロップ
快適な斜面は当然下りすぎて、室堂にデポした荷物を回収するのにシールを貼る
キャンプ設営の準備を終えて雷鳥沢ヒュッテの温泉へ入浴にでかける
そして宴会 
今日は剱岳を拝むために剱沢へ向かうことにする
剱御前小屋までは雪が緩んでいない 日差しが更に強くなることを願って登る
懐かしい剱がみえた 剱沢は風がなくて緩んでいるので滑ることにする 午後から崩れると小屋番の方から情報を頂く

快適な剱沢を滑って戻る頃には雲が多くなってきた
ヘリでの荷揚げ中 10往復するらしい 風圧で手袋を飛ばされた 文登研の研修生と思われる方々も対風姿勢を取る
小屋から一段下ってから雷鳥沢を滑降しキャンプを撤収
時間が早いので室堂山を滑ろうと思ったが室堂周辺でポツっと雨が来た
どうやらこれで今シーズンは終了だ