白馬大雪渓-清水谷-白馬鑓(2012.5.20)

先週に引き続く白馬鑓ヶ岳は白馬大雪渓からのアプローチと決めた。大雪渓を歩くのは久しぶりだが、長かったような気がしたので少し早めの出発とする。暑くも無く寒くも無い天候に恵まれて快調に高度を稼ぎ、4時間程度で目的のドロップポイントに到着した。地形図から想像できるとおりの適度な斜面の上に、ワックスを塗ったようなザラメ雪ができあがっていた。こうなるとメンバーは誰にも止められない。450mほどの斜面をアッという間に滑り降りてしまう。さて、ここから鑓ヶ岳への登りにはいる。杓子沢のコルへ向う沢を詰めようかと思っていたが、先行者のトレースが尾根についていたため、ありがたく使わせてもらう。こちらは鑓温泉の分岐に向うつもりだったので、途中からトレースを分けて西尾根に登りあげる。残念なことにスカイラインには雪がついておらず、ザレ場のトラバースも危険である。仕方がないのでザレた細尾根を担いで、鑓ヶ岳の山頂下の雪渓に立つ。急な斜面に数センチの新雪もどきがのっていて少し崩れるが滑るには問題ない。刻々と変わるザラメ雪を楽しみながら(苦しみながら)六左衛門谷まで降りてくる。ここまでくれば終了と同じようなもの。小日向のコルまで登り返して滑降。残念ながら長走沢はつながっておらず夏道の藪斜を下るが最後には再び担ぎとなる。ほぼ休み無し10時間30分のロングツアーに覚醒した。

5:20(猿倉) - 白馬頂上小屋上(9:50-10:15) - 清水谷(10:35) - 白馬鑓西尾根かつぎ(12:35) - 白馬鑓DP(13:15) - 小日向のコル(14:40) - 猿倉(15:50)

行程10時間30分 登高高2400m

先週は猿倉から繋がっていた雪も、長走沢からのシール歩行となる
白馬大雪渓をひたすら登る
休憩は小雪渓手前でクトーをつける時だけ
急な雪渓も雪が緩んでいるので登りやすい
頂上小屋は営業していなかった
旭岳 
清水谷に歓声をあげてかっ飛ばす
急な沢の本流は滑らずに左手の大きな大地に回り込む 
あっという間の450m降下
清水谷の快適な大地
ここから白馬鑓の登り、高度差600mに入る
鑓ヶ岳に向かって登り返す
鑓ヶ岳西尾根を目指すが雪なくてトラバース失敗 結局山頂を目指す
ライチョウの足跡と ザレバの辛い登り
ガスが出てきたので急ぐことにする
鑓ヶ岳から温泉沢に向けて滑降準備
ところが滑りに入る頃には天気も上向いて
山頂下の右俣から大斜面を滑降 先日降った数センチの雪がスラフとなって流れる
天狗山荘下の斜面から六左エ門まで刻々と変わるザラメ雪の質を楽しむ(苦しむ)
小日向山は夏道に入り薮斜を強引にいくが 最後は担いで終了