槍沢-横尾本谷(2012.5.4-5.6)

今年の連休は日本オートルートを縦走しようと決めていた。そのため連休前半を出勤し後半を縦走に備えたつもりでしたが、残念ながら天気には勝てません。少しでも良い日にスキーを楽しむために、天気の悪い日を移動日にして小屋に泊まるという作戦をたてました。(大幅な計画変更)しかも小屋はいつでも逃げ帰れるように山の中腹に立っている槍沢ロッジと涸沢ヒュッテです。久しぶりの山小屋でしたがこれが大正解で、小屋にいるあいだはずっと雨かアラレでした。これが良かったかは別として、計画を修正しながらも荒天の間隙をついて楽しい山行ができました。これでしばらく山小屋ともお別れして再びテントかツェルトの旅になります。

今日の宿泊は槍沢ロッジ(5/4)
上高地で板を担ぎランニングシューズで長いアプローチ(5/4)
横尾からは涸沢へ向かう登山者の方が多いが我々は槍沢(5/4)
到着と同時に雨が降り出す すぐに宴会でウイスキーが空になる(5/4)
ロッジには風呂も、地デジも、ネットも繋がり下界と変わらない(5/4)
6:30過ぎにロッジを出て槍ヶ岳のカタを目ざす 雨は上がっている(5/5) 
大曲を過ぎた頃には風が強く雲の流れが速い(5/5)
シールだけでも問題は無いが楽をするためにクトーをつける(5/5)
わき上がるガスの合間に一瞬穂先が顔を出す。強風なので太陽が隠れると寒い(5/5)
殺生ヒュッテ上部2880mでのアラレと荒天で、大喰沢の滑降は危険だと判断する(5/5)
2700mまでトラバース気味に槍沢を滑り、中岳の東尾の下2600m付近の、雪の弛んだもろい斜面をトラバース(5/5)
天狗池まで登り返して一息つく 少し回復したかもしれないが相変わらず槍ヶ岳は厳しそう(5/5)
天狗池の上部は天気も良く滑れば気持ち良さそうな斜面が続く(5/5)
横尾本谷右俣の源頭のコルで休憩 前穂の眺めが美しい(5/5)
ここから本谷出会いまで800mの標高差を滑降する(5/5)
南岳に張り出した雪庇(5/5)
上部の急斜面はは少し崩れるが気持ちの良いターンを刻む(5/5)
本谷へ向けての斜面
A沢のコルへ向かう左俣
滑ってきた右俣
デブリを避けて滑りやすそうなところを行くうちに本谷橋の下まで下りすぎてしまう このあたりで雨が降ったりやんだり(5/5)
登り返しの450mが意外に長くて辛い 隣の谷では雷も鳴っている(5/5)
夕方5時に近い頃 本日のしんがりをつとめて涸沢ヒュッテに到着(5/5)
メニューはメンチカツ、唐揚げ、サバの照り焼きなどリッチです 明日も天気が悪いので、白出のコルは目指しません(5/5)
そして朝、奥穂高岳方面も含めて山を登るという感じではないので上高地への下山を決める(5/6)
涸沢ヒュッテから本谷橋までスキーでかっ飛ばしてデブリ地点で板を担ぐ 横尾まで1時間30分ちょっと(5/6)
横尾付近で雨が強くなってきた そこで憧れの徳沢園でコーヒー のつもりがコロナビール(5/6)
上高地も早々に退散して、下山予定の新穂高温泉に車を回収に向かう これは悲しい(5/6)
少しぬるめの日帰り温泉で寛いでのんびり旅は終了した(5/6)

おわりに

このGWシーズンの天気は良くなかったため北アルプスでは遭難が頻発した。特に5月4日の遭難は悲惨である。白馬岳で6人、爺ヶ岳で1人、涸沢岳で1人といずれも低体温症で亡くなっている。天気予報によりと晴れるのは5日のみなので、普段山小屋を利用しない我々も比較的安全な低地にある小屋を宿泊先に選んだ。案の定4日は午後から荒れている。3日以前から稜線にいた登山者は大変だったことだろう。晴れの予定であった5日も強風でコンディションが悪かったため、稜線に出るのをあきらめて横尾本谷の源頭からの滑降とした。それでも夕方の涸沢ヒュッテへの登りではアラレに見舞われ、稜線では雷が鳴っていたので上部は厳しかったことだろう。この夜も雷と雨だったので山小屋泊まりは正解であった。翌朝に上部を観察するまでもなく、登るような空模様ではないので速攻で下山した。それでも横尾あたりで降り出した雨は冷たかった。この日に奥穂高岳を目指したパーティーの3人が滑落し、現在ヘリが捜索しているようだ。我々サラリーマンは、数少ない休みを利用しての山を楽しみにしている。おいそれと計画は中止できないまでも、天気と状況を見極めて計画を修正できるような柔軟な気持ちで少しでも安全な旅を心がけたいと思う。

日付
当初計画
修正計画
結果
天気
5/2
室堂-越中沢岳
-
-
×
5/3
越中沢岳 - 太郎小屋
-
-
×
5/4
太郎小屋 - 双六岳
上高地 - 槍沢ロッジ
上高地 - 槍沢ロッジ
△×
5/5
双六岳 - 新穂高温泉
槍沢ロッジ - 大喰沢滑降 - 横尾本谷右俣滑降 - 涸沢ヒュッテ
槍沢ロッジ - 槍沢滑降 - 横尾本谷右俣滑降 - 涸沢ヒュッテ
5/6
予備日
涸沢 - 白出沢 - 新穂高温泉
涸沢 - 上高地
×