針ノ岳マヤクボ沢(2012.4.21)

集合した扇沢駐車場はバリケードが張られている。見に行くと平成24年度から長野県が関西電力に管理を委託したとのことで有料駐車場になってしまう。とりあえず路上駐車したが駐車禁止になるのも時間の問題らしい。

天気は上々すぎて気温が上がりすぎる。歩きやすいので比較的ペースが良く、3時間半くらいで源頭下の緩斜面に到着。しかしこの頃から雪崩る音が気にかかる。長居をすると危険なのでマヤクボ沢の出会いまで大斜面を堪能する。喉に戻る頃から側壁の雪崩が大ききくなり、雪崩の止まるタイミングを見計らって一気に通過する。来週はデブリランドになっていることだろう。緩んだ斜面を大沢小屋下まで下ると鳴沢でものすごい雪崩が岩とともに落ちている。これでは沢の形状も変わってしまいそうだ。

すこし緩みすぎた雪だが、春山を十分楽しめた一日だ。

扇沢から雪はたっぷりある
下部はデブリも無く快適に登れる
先行者はスノーボーダーを含めて数名
喉の手前で若干のデブリがある
喉を過ぎる頃には本谷の傾斜もきつくなる
マヤクボ沢出会いで滑降してくるスキーヤーに出会う 上部の雪が先ほど大きく落ちたとのこと
緩んだ斜面を慎重に登り源頭下の緩斜面で終了とする
眼前に後立山連峰
気温が上がり寛いでいる間にも雪崩はおきている 隣の沢からも頻繁に雪崩る音
同行のメンバーは登って来ないようなので滑降開始とする 降り口は急斜面だがザラメなので何とかなる
広大な斜面を十分に堪能
雪が緩んで枝沢では雪崩が頻発 雪崩の合間を縫って本谷を通過する
よく焼けた