鑓温泉(2011.5.21)

SHLの納会の日。一軍選手について行けなくなっているので皆よりも1時間早く猿倉を出発する。3時間程度で鑓温泉に到着したが、すでにここで追いつかれ、ブチ抜かれてしまった。とてもついて行けるスピードではないのでぼちぼちと登る。それでも2400メートル付近で終了としてシールを剥がす。ザラメは極上で温泉まで快適に滑降できる。温泉にはあとから登ってきたメンバーがゆっくりと温泉を楽しんでいた。

下山であるが、六右衛門沢まではきれいなザラメを楽しめる。再び登りに入る頃には気温が上がり歩くのが辛い。やっとのことで小日向のコルまで登り上げるが、ここから下は縦溝と小石が多くて気を使う。今年はこれが最後かな。


長走沢はかろうじて繋がっていた
水芭蕉を眺めてから本格的な登りに入る
上部は風が強そう 
一軍選手にぶっちぎられる とてもついて行けないので途中でリタイヤ
入浴後の納会は二股でキャンプの予定 久しぶりに女性会員が増えた
暑くて暑くて嫌になる
杓子沢は落石の大きな音が続いていた