針ノ木峠(2011.5.8)

連休も最終日。ゆっくりと針ノ木岳に登ろうと扇沢に向かう。途中雨が降ってきたが扇沢につく頃には晴れてくる。雪は繋がっているので入山口からシールを貼る。しかし歩き出すとすぐにデブリの海になる。岩小屋沢、鳴沢、蓮華大沢などから集められたデブリは本谷を埋めつくしている感じである。右岸を高巻きながら標高を稼いで行く。累々と続く雪崩の爪痕は下りのスキーが思いやられる。もう少しで、喉に達しようとする頃に風が強くなる。そしてポツッと雨滴が落ちてきた。パキッと音がする。どうやら心が折れた音のようだ。こうなれば長居は無用。早々に準備をして下るが本当に滑り難い。完全に失敗だった。

扇沢入山口
歩きやすいのは最初の20分だけ
デブリに埋めつくされてシール登高も厳しいものがある 
雨が降ってきたので心が折れた
フキノトウを収穫して薬師の湯