白馬乗鞍(2010.12.26)

天気が安定しないため比較的安全な白馬乗鞍へ向かう。今日も強力なラッセラー揃いなので安心して後をついて行く。トレースを追いかける後続もついて来られないような強力エンジンである。白い天狗原を過ぎてハクノリへの登りに入るが、私は遅れ気味である。メンバーは待ちながら弱層テストを行っている。50センチメートルに層が有るがテストはCTHと出た。それでも間隔を空けて歩きピークを踏む。一本天狗原まで酔いそうなホワイトパウダーを楽しんだ後、登り返して南東シュートを目指すメンバーと天狗原を滑るメンバーに別れる。

私は天狗原から下を滑降。やはり素晴らしいパウダーで心が晴れる。これを楽しまない訳には行かないので、再び天狗原付近まで登り返す。寒気が迫り冷え込みがきつくなってきたためか、2本目もすばらしいパウダーに恵まれた。

8時出発のゴンドラは本当の一番乗り
強力なラッセラーをそろえているのでついて行くだけ
天狗原もひたすら白い
先行するメンバーに追いついた時には ピットを掘っていた 結果はCTH
山頂から一本滑るが 白くて酔いそう
別れて滑った仲間を ツェルトを被って待つ