旧上高地孵化場と徳本峠小屋(2010.10.26)

上高地の嘉門次小屋の「囲炉裏の間」「旧上高地孵化場」(イワナの養殖場)と「番小屋」そして「徳本峠小屋」が、国の○○○○○○○へ向けての調査対象物件であり、その調査研究班に同行させてもらう機会に恵まれた。まず訪れたのは、昔のイワナ養殖場である。数年前に「ひょうたん池」へ登った際にお世話になった一本橋は健在であった。ここに学生が1名残り写真撮影と遺構の確認を行うようである。

嘉門次小屋経由の徳本峠小屋調査を行う信州大学の先生に先立ち、我々は徳本峠小屋に向かった。先に到着して小屋を撮影できるようにきれいにしておかなければならないのだ。徳本峠小屋までは紅葉を楽しみながらの快適なトレッキングである。

到着した小屋は、小屋じまいの準備真っ最中。小屋の方々の手を煩わせないように調査の準備をする。小屋の壁面を中心に撮影するので収納された荷物を動かす必要があるのだ。狭い小屋は荷物や布団の山でいっぱいである。四苦八苦しながら撮影の準備はできた。

親切な小屋の方たちに昼食の差し入れなどをいただいた上、滅多に見る事の出来ない部分を見学させていただいた。ウェストンの通った島々谷の岩魚留小屋と徳本峠小屋は後世に残ってほしいものだ。

明神までは調査研究のスタッフと車で入る(これはありがたい)
昭和初期の物置小屋は国の○○○○○○○の審査対象物件である
そして上高地の孵化場跡地は今でもイワナが生息している
嘉門次小屋班、ふ化場研究班、徳本小屋清掃班に分けて出発
徳本峠小屋まではおよそ1時間30分
旧館は国の○○○○○○○調査対象物件 山小屋では前例がない
2004年4月30日に撮影した徳本峠小屋と明神岳 まだ奥の建物は古い
写真撮影のために小屋の内外をかたつける
平面図に床の板目を書き写して精密な図面をおこす
こう見えても研究者のタマゴ
外回りをかたつけて、写真撮影の準備
小屋番の方からラーメンの差し入れをいただく 寒い日なのでありがたい
展望台まで山を見に散歩に出かけるが雲が多いので視界は良くない 徳本峠小屋の屋根裏にある窓
小屋裏を撮影する先生 増築を繰り返して成長している小屋は増築部分の判別が難しいそうです
夕方に再び明神で合流 どうやら初雪だ
旧上高地孵化場でも遺構が確認されていた