風吹大池 (2010.10.11)

場所は横前倉山と風吹岳付近にある大きな池である。北アルプスにあっては最大の池らしい。今回登ったのは土沢から。来馬の集落から案内に導かれると道はやがてダートになる。乗用車だと不安になる距離である。登山口の駐車スペースは15台程度。連休なのにスペースには空きがある。昨日まで降った雨で登山道はぬかるんでおり、すぐに靴がドロドロになる。程なくして硫黄の臭いのする温泉が近づいてくる。このあたりは細尾根になっており、右手の沢に落ちたら大変なことになりそうだ。冬は、横前倉山シーハイルルートとして、何回か山スキーで来ているが、雪の無い景色ははじめてである。難所といえばせいぜいここだけで、先は安定した中斜面が続いており、ブナやのダケカンバの黄色と黄緑の美しいトンネルの中を気持ちよく歩くことができた。2時間少々で風吹山荘に到着するが、時間が早いので池の周りを歩くことにする。紅葉と青い池はとても美しく、メンバーからも歓声があがる。ちょうど半分ほど歩くと湖畔に出られる場所があるため、ここでお昼ご飯にする。用意してきた雑キノコに、登る途中で採ったナメコを入れての味噌汁は良い味だ。ここまで出合った登山者は数人だけであり、びっくりするほど静かな景色が楽しめた。十分な休憩を取った後は、再び湖畔の散策を行う。岩菅山と横前倉山のほとりにある「小敷池」は色が緑で美しく、会津の五色沼を思わせる輝きである。ここから標高差50メートルほど登り上げると、風吹大池を見下ろせる場所に出る。鬱蒼とした趣の在る池を通り過ぎると黄金色に染まった湿原に出会う。花の咲くころには、また違った美しさがあるだろう。名残は惜しいがぬかるんだ登山道を転ばないように気をつけて下山した。


土沢(8:30) - 風吹山荘(10:40) - 散策 - 湖畔で昼食(11:10-12:10) - 周遊(12:10-13:10) - 土沢(15:05)

登山口までのダートは乗用車では嫌になる
早速 天然のナメコをゲットする
風吹山荘までは2時間ちょっとのアルバイト
遊歩道を散策
昼食のおかずにキノコ入りみそ汁をつくる ゲットしたナメコも入る
小薮池というのは緑色
岩菅山と横前倉山
岩菅山のほとりにも小さな池が
湿原を散策
雨上がりのぬかるんだ登山道で転ばないように注意しながら下山