麦草峠から天狗岳周遊(2010.9.11)

寒冷前線が通過後には晴れになる見通しである。久しぶりの八ヶ岳に出かける事にした。八ヶ岳は主稜だけでも5年ぶり、天狗岳にいたっては11年ぶりである。麦草の駐車場に到着したのは午前7時前、ちょうど寒冷前線通過の真っ最中で激しい雨が叩き付けている。車の中でも寒いのでツェルトにくるまって1時間ほどの仮眠する。朝8時、予定どおり雨があがるので準備をして出発。白駒池付近に有料駐車場があることはネットで調べておいたが、折角なので麦草峠から登る事にした。これが正解で白駒の奥庭など見所が満載である。紅葉の時期に来てみたいものだ。

白駒の池はガスで視界が効かない。おそらくほとんどの人が登りで使わないであろうニュウ方面へ向かって歩き出す。濡れた木道と暗い樹林帯は気が滅入るがキノコを採りながら歩いて行く。コブであるニュウもガスがあったが中山峠に出ると見事に青空が広がった。天狗までの歩きは今までと打って変わった岩稜で楽しいものである。ここで初めて登山者と出会った、というか結構な数である。やはり登ったのは人気の少ないコースであったのか。

山頂で景色をを楽しんで下山。帰りは違うコースと思って黒百合平に向かう。天狗の奥庭と言うらしくなかなか良い景色が堪能できる。再び中山峠に合流してからは中山から丸山を経て麦草峠に向かう。高見石小屋は白駒池駐車場のすぐ近くなのでドライブついでの散策者が多くて場違いである。地図を持たない観光客の道迷いに案内をしてから最後の登りの丸山へ向かう。登りはたいしたことないが、薄暗くて人もいない。地図が無ければ心細い場所だが予想外の長い行程を楽しめた。

(天狗岳雑感)

穏やかな良い山である。北八ヶ岳特有の下部は苔蒸した雰囲気が良いが、なだらかなアプローチがだるい。テープなどのマーキングがあり道迷いは少ないだろうが、何も無ければ位置の特定が難しい地形でしょう。今回は地形図を持って行かなかったので、エアリアマップが頼みの綱と言う情けないものでした。やはりコースタイムは自分で積算したいものです。


(行程)

麦草峠駐車場(8:10) ー 白駒池キャンプ場(8:50) ー ニュウ付近(10:00) ー 中山峠(10:50) ー 東天狗(11:40)  ー  西天狗(12:00-12:30) ー 黒百合ヒュッテ(13:30) ー 中山(14:00)  ー 高見石小屋(14:50) ー 丸山(15:10) ー 麦草峠駐車場(16:00)


(装備)

おにぎり2個 レトルトカレー レインウエア バーナー ピンチパック 水1L テルモス ipod デジカメなど。

雨上がりの麦草峠から出発する
麦草ヒュッテの前を通って白駒の奥庭は雲の平に似た感じ

白駒池キャンプ場の前から白駒池の見学に向かう
白駒池はガスで展望が無いが、紅葉の頃には訪れてみたい場所
歩き難い木道とキノコ狩り(イグチ系)をしながら うっそうと下森の中を歩く
にゅうとは どんなものかわからないが小ピークのを覘いて先へ進む
尾根から稜線に出た頃には視界が開けて来る ここへ出るのに2時間40分遠回りコースは良くなかったかも
目的の天狗岳は右の写真だが このあたりで初めて登山者に出会う

紅葉を感じながら天狗岳へ向けては 岩稜の尾根コースを行く事にする
切れ落ちているのは稲子岳の南稜だろうか 東天狗まで麦草峠から3時間30分 
混雑の東天狗をさけて三角点のある西天狗岳へ向かう
展望は東天狗の方が良いがシャクナゲやナナカマドに囲まれた西天狗は穏やか
蓼科の景色を眺めながら30分のランチタイム
飲み物を忘れたので バームをお湯に溶かしてホットレモン系飲料とする

赤岳と阿弥陀岳


蓼科山と 遠くに美ヶ原
帰りは東天狗付近を強引にトラバース でも失敗
少し時間がかかるようだが 来た道を戻らずに黒百合平を見て行く事にする
天狗の奥庭は立ち枯れた雰囲気の木々が美しい
早い時期なら雪渓越しに 東天狗と西天狗が望める
黒百合ヒュッテは大きな山小屋 麦草峠から入れば2時間30分ぐらい キャンプ場は快適そう
立ち枯れの道を歩いて ニュウへは向かわず中山のピークに向かって登りに入る
高見石小屋は白駒池に近いので散策者が多い 普通はここから白駒池へ向かうが 麦草峠へ向かって丸山を登る
散策者がついて来てしまったので戻るように案内する 丸山は帰りなので長く感じた お疲れさまでした