横通岳から東天井岳方面散策(2010.9.11)

一ノ沢から常念小屋へ向かう。今日は常念岳ではなくて大天井岳方面を目指す予定である。天気は快晴で眺望も期待できるがペースが上がらない。目覚まし時計を早い時間にセットしたのだが気分が乗らずに2度寝してしまい頭の中がボーッとしている。それでも結構良い時間に常念乗越到着したようだ。登山者は全員常念岳を目指しているが今回は横通岳のピークを踏みに行く。予定どおりの貸し切りの後、大天井岳方面へ向かう。静かなスカイトレイルで気持ちが良いが、夕方には仕事があるので東天井岳の手前で引き返す事にする。安曇野から松本平まで見渡せる天気に恵まれたので、今年の常念方面登山は終わりにしようかとも思う。常念山脈は今年だけで6回の出動であった。

(横通岳雑感)

一ノ沢は水がふんだんにとれるので荷物が軽い。名前のごとく横通岳の登山道は横を通って行くので、山頂に向かう踏みあとは薄い。前回来たときは猿の大群に遭遇して、ピーク近くで下山したが、今日は貸し切りだ。景色も常念岳に劣らないので、常念岳に何回も登っている人は、こちらの方が楽しめるかもしれない。今回も薄い踏みあとを忠実に引き返さずにハイマツの生える側壁を下りたがガラガラしていて歩き難い。コマクサを踏んだら叱られます。


(行程)

一ノ沢駐車場(5:30) ー 常念小屋(8:30) ー 横通岳(8:45-9:00) ー パノラマ銀座散策(9:00-11:00)  ー  常念小屋(11:00) ー  一ノ沢駐車場(13:15)  

(装備)

おにぎり3個 カレーパン1個 レインウエア ピンチパック 水1L スポーツ飲料1L ipod デジカメなど。

猛暑の終わりをつげるひつじ雲
花も選手交替でトリカブトが多い

常念乗越

安曇野方面の快晴は珍しい


今日は横通岳へ向かう ゴゼンタチバナが かわいい実をつけていた
横通岳の偽ピークは爺ヶ岳へ向かう雰囲気 カールには常念岳から見えない涸沢ヒュッテがみえてくる
常念岳を振り返る
横通岳の山頂に山名の看板は設置されていない 座って寛ぐに良いスペースがある
真ん中の写真は有明山

左は大天井岳 今日向かって帰るには 少し遠い もう少し日の長い時に行こう
左の塊は槍ヶ岳独標 裏銀座 双六岳あたりかな

左が御嶽山 右が乗鞍岳 そしてその手前が焼岳
横通岳にはコマクサも咲いていた
横通岳の側壁を勝手に降りて東天井岳方面へ散策へ向かう

横通岳から常念小屋を見下ろす

常念岳の左側壁は常念詣でのスキーで滑降する斜面