常念岳から蝶ヶ岳(2010.8.23)

我ながらバカバカしい計画だが4連続で常念岳に登ることに決めた。蝶ヶ岳経由か前常念経由かの2択であったが、先行者が前常念方面に向ってゆくので、なんとなく後をついて行くという主体性のないものである。あいかわらず前回同様ぶっちぎられてしまった。とぼとぼ歩いていると、おしゃれな山ガールに追いついた。前常念への登山道は暗い樹林帯なので明るい服装は気分も晴れる。ここでパスさせていただいくがなんとなくペースがあがらないので、十分な休憩を入れて10時山頂に立つ。久しぶりの快晴に恵まれ1時間近く山頂でくつろぐことになる。

ここに先ほどの山ガール登場、しばしの歓談後に意気投合して蝶ヶ岳経由で行動を共にすることになる。聞けば憧れの立山、しかも芦峅寺で働いているとのこと。久しぶりの休暇なのに釼方面には行かずに常念岳へ来てくれたのだ。

前常念にとりついた経緯はとても笑かしてくれるものもあったので、機会をみて書きたいものだ。みんなで楽しめるペースで歩いたので時間は少々要したがこれも良いものだ。再会を願って蝶ヶ岳で乾杯して楽しい1日は終了した。


(行程)

三股駐車場(5:05) ー 三股(5:20) ー 森林限界2385m(8:10-8:30) ー 避難小屋(9:00)  ー  常念岳(10:00-11:10) ー  蝶ヶ岳ヒュッテ(14:50 - 15:20)  ー マメウチ平(17:00)ー 三股(18:00) ー 三股(18:15) 

(装備)

フランスパン ソーセージ ナッツ1袋 レインウエア ピンチパック 水2L スポーツ飲料500cc ipod ストック デジカメなど。

例により三股から前常念に向けての暗い樹林帯を歩き始める
快晴だったが9時を回るころには安曇方面にガスが登ってくる

大キレット


常念岳から雲湧く大天井岳
常念岳山頂から穂高連邦と槍ヶ岳をパノラマ合成

登りで追いついた山ガールさんが遅れて登頂

意気投合して蝶ヶ岳経由で同行することになる

山頂でご機嫌


常念岳からの縦走路
常念岳の大下り
雲は沸いてくるが天気は久しぶりの快晴で安曇野が見渡せる
前常念の長い尾根
蝶槍対岸の無名ピークにて ここからまだ下る

蝶槍へ向けての登りの手前でとりあえず余裕
お花畑も花の入れ替えが進む
常念岳が遠くなる蝶槍へ向けての登り
蝶槍に向けて最後の登り
穂高連峰を眺めながらの縦走は続く
ここまでくればもう余裕

そして蝶ヶ岳で乾杯


 今日は楽しかったね!
邂逅ですね また逢えますよ